忍者ブログ
乙女ゲーム(携帯 PC DS PSP)のプレイ日記です。 文末に「瑛君とののの物語」というお話も掲載中。 気が向いた時、思ったことを綴っていこうかな~って思ってます。 だからきっと更新も話題もバラバラになると思います。 こんなブログですが温かく見守って下さい! *ネタばれ、セルフありです!
[164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やさしい&普通モードのEDだったからかな?
正直、告白されたのかどうなのか判り辛かったです。
っていうか、今でも私、わかってない状態ですが・・・。
 
最初から最後まで、土浦君とは、「恋人」というより
やっぱり「お兄さん」「友達」のような付き合い方だったので、
恋愛対象として考えていいのだろうか?
それとも同志って感じで付き合っていった方がいいのだろうか?と
自分の気持ちがどっちへいけばいいのかわからず、
どっとち付かずでEDを迎えてしまいました。
だから、すごく不完全燃焼・・・。
 
クリスマスツリーの告白もこのままのふたりを続けていこうみたいな内容だったでしょ。
ずっと待ってるからみたいな・・・でもね、私的には何をまたれているのか???だし。
このままのふたりって、友達みたいな関係を言ってるのかな~?とか・・・。
 
時々、意味深は発言とかはあるんだけど、本人には聞こえてなかったり、
聞き返すと「まぁ、いいか」って感じで本人には伝わってないでしょ。
 
キャラクター的には、見た目もOKだし、性格もちょっとツンデレ入ってて好みなんだと思うけど。
何かこう「大好き!!」って感情がわきあがってこないんですね、彼は。
なんでかな???
 
ってことで、恋愛連鎖とが難しい方のEDだと、また、展開がかわるかも?だから
そちらで期待したいと思います。
だって、人気の高い土浦君、きっと胸キュンになる展開がどっかにあるんだよね・・・。
 
 
 
 
 
===================================
【瑛君とののの物語】
 
《119回目》
 
また暫く佐伯の撮影が続き、1時間ほど経ったところで
ののが支度を終えてやってきた。
「じゃーペアの撮影、はじめようか!」と監督が声をかける。
 
佐伯はののをちらっと見ると
「へーお前もちゃんとすれば、そこそこ可愛いんだな・・・」
「どうせ、いつもは野暮ったいねーちゃんですよ!」
「アハハ、お前調子出てきたじゃん!」
 
「だって、もうここまで来たら逃げられないもん。開きなおりるしか無いじゃん。
でもやっぱ、不安だよ。」
「お前だったら大丈夫だよ・・・。心臓に毛が生えてるだろ。」
「もう、酷いな・・・。」
 
「じゃーおふたりさん、こっちへ来てくれ!」監督が叫んだ。
「おい、のの行くぞ!」
「はい。」
ふたりは、海岸沿いの煉瓦道の歩道のところへ呼ばれて行った。
 
カメラマンが言う。
「じゃーまずは、ふたりで歩いてくれる?東から西に向ってね。」
 
二人は並んで歩き出した。
「おいおい、硬いよ!君達、恋人どうしなんだろ?」
(えー!!そんな話になってるの?)
 
すると佐伯君がぼそっと言った。
「違うって言ってんだけど、何か通じなくてさ。もういちいち否定するの面倒だから
そのままでいいかなって。今日だけのことだし。お前、何か支障ある?」
「特に無いけど、佐伯君はいいの?多分、困るのはそっちだよ。」
「別にいいよ。」
 
「ほら!もうちょっと寄り添ってさ~楽しそうに歩いてくれよ。」
「はいはい!」佐伯が答えた。
 
「何だかやっぱり難しいね。佐伯君、良く、こんな仕事、ひきうけたね」
「しょーがないだろ。急にいわれたんだから、ペアルックなんて。」
「そうだったんだ・・・」
 
「じゃーこんどはちょっと手を繋いでみて」
(ええ~~~!!こんな大勢の前で手を繋ぐの?恥かしー)
 
すると佐伯が、手を差し出してきた。
「ほら、繋ぐぞ!早くしてさっさと終らせようぜ。俺、この後もまだ一人で撮るのが
たくさんあるみたいだから・・・。」
 
「そーだよね、恥ずかしがってる場合じゃないんだよね、わかった。」
そう言ってののは佐伯の手を握った。
 
「ちょっといい感じになってきたかな~?
それじゃ、今度は、そこのベンチに腰掛けて、佐伯君が彼女の肩を抱き寄せてくれる?」
(ええ~~~何か、どんどん大胆になってくるよ・・・)
 
すると佐伯がののの肩を抱き寄せた。
(佐伯君も拒否らずにやってくるし・・・)
 
「彼女、ちょっと照れた感じにしてくれる?」
「は、はい、わかりました」
(演技じゃなくて、マジでてれるんだけど・・・)
こんな調子で、二人の撮影が順調に進んでいった。
 
 
 
 
 
               続く・・・
===================================

拍手

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
土浦くん。実は、月森くんの次に好きなキャラです。
コルダ2やコルダ2アンコールでは私も攻略しましたよ。

私は、土浦君END、結構良かったと思うんですけどね。
ただ、PLAYERさんのキャラ愛情入れ込みがないと、友達ENDに見えてくる部分もあるかもしれませんね。
LOVEか友情か・・・その辺は明確じゃないから、PLAYERの脳内補完って感じだしね。

私は、かなりのお気に入りキャラなので、あのENDはあのENDで萌えましたけどね(^^)

他キャラ攻略感想も楽しみにしていますね。
MK| URL| 2009/10/21(Wed)16:26:16| 編集
Re:無題
MKさんは、金コルお気に入りキャラは

月森君>土浦君ですか?

私まだ、月森君は攻略してないんだけど
結構、苦手キャラかも・・・なんですよ。
プレイしたら、また変わってくるかもしれないけど。

そっかー思い入れがあると友情も愛情に感じるのかもってのは
何となくわかります。

昨日、金コル2fの2周目終わったから、またぼちぼち感想UPします!
でも、PCの新作乙女ゲームが昨日届いたので
とりあえずそちらをプレイするので金コル2fはしばらくお休みです。
【2009/10/25 20:29】
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
にほんブログ村
ランキング参加中! 応援ポチよろしくお願いします!!
ゲーム専用ランキング♪
乙女ゲーム繁栄のために、応援お願いします!!がんばりま~す!!
忍者アド
皆さんのポチがゲームの糧になります!ご協力お願いします。
おきてがみ♪
メールするほどでもないけど、ちょっと一言!って思われた方、ポチと押すだけですよ。ついでに、「ことづて」に一言頂ければ嬉しいです!!
おきてがみ
♪ Twitter ♪
時々、呟いてますwww
teruteru719をフォローしましょう
Starry☆Sky in Summer Portable
私は宮地龍之介君がNO.1です!大好き!!
Starry☆Sky
お勧めの乙女ゲーム!Starry☆Sky 4月は不知火一樹君の誕生月です!!
【Starry☆Sky 応援中!】
ツンデレ★S乙女
美蕾の最新作品!タイトルとは裏腹な展開ですよ♪
セルフィータウン
時計
meromero park
メロメロパークに住んでいるてるりん♪です!
プロフィール
HN:
てるてる
性別:
女性
職業:
会社員(一応・・・)
趣味:
ゲーム(主に乙女!)・散歩・ぼーっとすること!(これ趣味?!)
自己紹介:
自己紹介ってこれといって何もないんですよね・・・。
会社員・主婦・母親の3足のワラジ履いてますが、どれも中途半端だし・・・。
密に乙女ゲーム大好きで結構、のめり込んでしまう方です!だから、余韻でしばらく次に行けない時がしばしば。でもやる時はやるけどやらない時は全くやらないかな・・・。昔のを突然やり出したりってこともしばしばです。
こんな私ですがよろしく!です。
乙女ゲーム二次創作サイト
★私の大好きな作家さんのサイトです!
 とっても素敵な作品がありますよ♪

SNOW FLAKE


★乙女ゲーム仲間さんのサイトです。
 本格的な小説が多数掲載されてます♪

きゃらめるかんぱにー

★ゲーム系・他ジャンルの二次創作テキストサイト
きざはしさん創作の「瑛君とのの」のお話も掲載されてます♪

きざはし
ガーネット・クレイドル
「SPICA」公式サイト

「Garnet Cradle sugary sparkle」公式サイトへ
すみれの蕾
すみれの蕾 すみれの蕾 すみれの蕾
誰にでも裏がある
amedeo 『誰にでも裏がある』応援中!
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新TB
籠の中のアリシス
「籠の中のアリシス」応援中!
Noise ―voice of snow―
Operetta Noise -Voice of snow-

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    material by ポカポカ色

忍者ブログ [PR]