忍者ブログ
乙女ゲーム(携帯 PC DS PSP)のプレイ日記です。 文末に「瑛君とののの物語」というお話も掲載中。 気が向いた時、思ったことを綴っていこうかな~って思ってます。 だからきっと更新も話題もバラバラになると思います。 こんなブログですが温かく見守って下さい! *ネタばれ、セルフありです!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 【獅堂櫂斗】
 
櫂斗に課せられた演劇際の演目は「シンデレラ」
だけど、櫂斗、シンデレラの話も知らない状態で。
主人公に教えてもらうんだけど、「話が華やかじゃない!」ってことで
指定の演目を無視して勝手に「ナポレオン」の練習をしてしまいます。
 
成りきることが大事ということで、その日から
自分はナポレオン、主人公をその妻にして、その名前で呼び合い
毎日、成りきって生活をします。
衣装ももちろん、ナポレオンの衣装。
 
何を言っても、「シンデレラ」をやろうとしない櫂斗に呆れてしまい
主人公も最後は開き直って、なりきり生活に付き合います。
そして、そのまま演劇の本番を迎えます。
 
結局、シンデレラとは全く関係ないナポレオンを演じるのだけど
(もちろん、応援の秀ちゃんや麗子さんもナポレオンの配役で登場)
でも、ナポレオンとその妻は、本当は離婚をして、妻の方は再婚してしまう
という、事実を知らなかった櫂斗は舞台で
「永遠の愛を誓うよ」と言います。
 
そこで、観客からヤジが飛ぶのだけど、強引に話を進めてしまって
主人公にキスをする。(ここ、ちょっとウル憶えで・・・舞台でやったのか
舞台が終わってからやったのか???です)
 
そして、何とか舞台が終わり、自信満々の櫂斗は
「数日間、ナポレオンの妻の気分を味わえてよかっただろ」と言います。
 
この演劇際をプレイして
櫂斗はある意味、本物の「俺様」だな・・・って思ってしまった。
 
 
 
【岩崎秀太郎】
 
秀ちゃんに課せられた演劇際の演目は「ピーターパン」
イベントごとが好きな秀ちゃん、本来ならば喜んで参加するはずなのに
その演目を聞いたとたん、「俺、やらない」の一点張り。
 
主人公が、何とかなだめて一緒にやろうと説得にかかるのだけど
結局、秀ちゃん、練習にもやってきません。
しょうがないから、他の出演者とだけ練習になってしまいます。
 
どうして、そこまで拒否するのか。
どうも子供の頃の苦い思い出があるようで・・・。
 
小学生の時、演劇でフック船長の役をして、何かの拍子に
ワニ役の子におしりをつかまれてズボンが脱げて、お尻丸出しになり・・・
それを、主人公がバカにして大笑いしたとか。
 
それで頑なにこの演目は拒否。
それを知った主人公、秀ちゃんに謝ります。
それでも、踏ん切りがつかないのか、秀ちゃんが姿をみせないまま本番を迎えてしまいます。
 
いよいよ本番で、秀ちゃんの出番になった時
助けてあげようと、シャー役の一輝と桃太郎役の晋作、ナポレオン役の櫂斗と妻役の玲子さんが
乱入してきて、舞台は無茶苦茶。
そこへやっと、クック船長役の秀ちゃんが現れる。
 
途中、乱入騒ぎになってしまったけど、何とか舞台は終わることが出来た。
そのあと、主人公と秀ちゃんは観客席で仲良く手を繋いで、残りの舞台を見ていた。
 
中々、幼馴染の秀ちゃんらしくて、ほのぼのした感じでした。
 
 
 
 
 
 
=================================
【瑛君とののの物語】
 
 
《150回目》
 
「本気だよ!だって、じゃなきゃ、佐伯君のバイトのことばらされちゃうもん。」
 
「ふーん、そーいうことか・・・。あいつ、お前も脅してるのか。」
 
「だって、ばらされたら駄目じゃん!」
 
「お前、馬鹿か!余計な気を回さなくっていいんだよ。
自分のことは自分で何とかするから。余計なことするな!」
 
「でも、ばらされたら佐伯君、困るでしょ。」
 
「だから、そんなこと気にしなくていいって。
大体、そんな脅しに乗ってたら、お前これから何でも言うこと聞かなっきゃいけなくなるぞ。」
 
「でも・・・。」
 
「気にしなくていいっていってるだろ!」
 
「ひどいよ、佐伯くん・・・。そんな言い方しなくても・・・。」
 
「お前が、勝手に余計なことするからだろ!」
 
ののは、堪えていた涙が頬を伝って落ちてきた。
 
「ひどいよ、ひどいよ、佐伯君。私だって本当はこんなこと言いたくないけど
佐伯君の夢、応援したいから。バイトのことばらされたくなかっただけなのに・・・。
もう、いいよ!」
そう言うと、ののは佐伯を置いて走っていった。
 
「お、おい、こら、のの!待てよ!」
 
それでもののは振り返らずに走りだしてしまった。
(ひどいよ!佐伯君!!)
 
「あいつ・・・馬鹿だな~。何やってんだ・・・。
しかし・・・ちょっと言い過ぎたかな。後で、バイト来た時、誤らなきゃな。」
 
ののは、泣きながら、走っていた。
(何で、私がこんなに言われなきゃいけないの?そんなに悪いことした?
何で、何で、何で!!)
 
ののは、家に着くまで、ひたすら走り、頭の中で、何度も同じ押し問答を繰り返していた。
(私がやったっことは余計なことなの?
佐伯君のためにって思ったことなのに、彼のためにはなっていないの?)
 
家に着くやいなや、2階の自分の部屋に駆け上がると、カバンを机に放り投げて
ベットに潜り込んだ。
「う、う、う・・・。もう、嫌だよ・・・私・・・。」
 
 
 
 
 
                  続く・・・
==================================

拍手

PR
 【荒瀧晋作】
 
ちょっと前からオレ様学院が単発アプリを配信してました。
(もう終わってるかな?)
キングレオを決める試練とは、全く関係ない理事長の趣味(?)の企画だそうで。
各ペアに指定した演劇をさせるという内容。
 
理事長が各ペアの淑女に課題の演目が書かれた手紙を渡し、
それをオレ様とペアの淑女で完成させるというもの。
 
まず、いちばんのお気に入りの晋作君から。
晋作君に出された演目は「桃太郎」。
何で桃太郎???って思いながら、プレイしていくと
そうだよね・・・晋作くんが、こんな課題を積極的にやるとは思えず
結構どうでもいいやって感じ。
 
でも、主人公に「晋作君の桃太郎見たい!」と言われやる気になります。
でも、お供のさる、犬、キジに指定されているのが櫂斗、秀ちゃん、礼二。
これは、素直に子分役をやるわけないよね。
 
でも、クールな晋作君は、無理やりどうこうすることなく、やらないなら
しょーがないから、主人公と2人で舞台を完成させようと2人で
舞台が成り立つように練習をします。
 
でも何故か、前日になって、櫂斗、秀ちゃん、礼二が舞台をやると言いだして。
でも、もう練習する暇もなくぶっつけ本番に。
 
何故か理事長も加わってくるし、お供の3人もそれぞれ自分が演じたい人物
(たとえば櫂斗だとナポレオンのさるだったり・・・)をやってたり
はちゃめちゃだったんだけど、何とか無事終了。
 
途中、雷がなって晋作君が怖がってしまわないか心配した主人公だけど
「お前の方が気になって夢中だったから大丈夫だった」と晋作君。
 
最後、優しく、ほっぺにキスします。
えっ、このアプリの売り込みの「甘いキス」ってこれだけ???
って思ってしまったのは私だけだろうか・・・。
まぁ、晋作君だからしょうがないか・・・。
 
 
 
 
【日下部一輝】
 
私、やっぱり、晋作君より一輝君の方が好きになったかも・・・です。
 
本編、やった後もそうだったんだけど
この人、見た目はちゃらんぽらんで女好きでどうしようもない印象なんだけど
実際プレイして、色んな面にふれると
一番、自分の信念持ってて、そしてなにより懐が深い!!
私、こういう懐の深い人、惹かれます。
 
演劇際でも、指定された演目は「ロミオとジュリエット」なんだけど
自分が大好きでこだわっているガンダム風に脚色して演じてたでしょ。
あの、麗子さんの我儘攻撃にも、自分が貫きたいことは屈しないしね。
 
そうそう、一輝君ルートは麗子さんがいつもいい味出してるんだよね。
今回も、敗れた一輝君の衣装のことで悩んでる主人公の力になってあげたり、
何気に一輝君に主人公のこと話して、危機を乗り越えさせてくれるんだよね。
今回も、最後、一輝に衣装のこと話たの麗子さんだしね。
 
主人公が倒れて慌てて運んだ保健室での甘いシーンは何かゾクゾクしました。
ここで話した一輝君の話がジーンってくるんだ。
 
それに、こちらは、甘いキスがあったしね!
うーん、やっぱり、私の中のトップの座は、一輝君に変更かな・・・。
 
 
 
 
 
 
=================================
【瑛君とののの物語】
 
 
 
 
      本文が長くなりましたので次回にします・・・
 
 
 
 
==================================

拍手

 お気に入りの順で、新瀧君 → 日下部君 → 獅堂君とプレイしてます。
 
さて、獅堂君ですが・・・
大財閥の御曹司。
今まで3人の中では、一番「オレ様」かな~って思った。
御曹司ぶりは、もう規格外・・・。
学校の昼食に有名シェフ飛行機で読んだり、移動もヘリとかだったり。
そう言えば、有名美容師さんも飛行機か何かで呼びつけて、その中で
ヘア&メイクさせてたっけ・・・。
 
最初に主人公に目を付けてから、ブレスレットつけさせて(鍵が掛っていて取れない)
「俺のものという証拠だから外すな!」とか言うんだよね。
どう、反論しても、主人公は「俺のもの」っていう考えは最後まで貫いてたね。
 
試練も最後のは、はちゃめちゃで、主人公、誘拐しちゃうんだもんね。
誘拐事件を起こして、櫂斗がどう出るかみる試練だったみたい。
これには櫂斗、怒って怒って、理事長、殴ってしまいます。
主人公が「そんなことしたら、キングレオになれないよ」って止めるんだけど
「主人公を、こんな危ない、怖い目にあわせたんだから謝れ!」ってね。
これには、プレイしてて感動しました。
櫂斗、かっこ良い。
このあたりは、何か、天下無敵のオレ様って感じ。
 
そーいえば・・・甘さはあんまりなかったような。
だって、あんまり印象に残ってないなぁ・・・
最後、誘拐事件で主人公助けて、感動的なキスシーンになるそうなところで
理事長が入ってきて、それっきりだったし。
今までに中では、いちばん奥手かな?
こんなに、オレ様なのに、手が出せないのかな。
エピローグでこの辺は、期待しよーっと。
 
私、今回は、理事長が凄くいい役してて、見直しました。
櫂斗と主人公がちょっと危機状態の時があって
不安がる主人公を慰めたり、
櫂斗に主人公の大切さをわからせようと、ところどころでちょっかいかけたり。
中々、良かったです。
 
 
 
 
では、獅堂櫂斗スーパーハッピーエンドの選択肢です。
 
         ↓
 
【レッスン1】・オレ様な御曹司獅堂櫂斗 → ・悪魔って・・・ → ・もらえないよ
 
【レッスン2】・人の話を聞かないから → ・拒否する
 
【レッスン3】・ありがとう → ・お礼を言う
 
【レッスン4】・でも守ってくれてる人でしょ? → ・かわいい
 
【レッスン5】・えらいね → ・私がんばる
 
【レッスン6】・黙る → ・私が気にする!
 
【レッスン7】・おおげさだよ! → ・食事中だとごまかす
 
【レッスン8】・ありがとう → ・楽しいから
 
【レッスン9】・櫂斗をかばう → ・思わず溜息
 
【レッスン10】・理事長にっつかれたから? → ・怒る
 
【レッスン11】・何でやさしいの? → ・笑う
 
【レッスン12】・どうして? → ・お断りします
 
【レッスン13】・来てくれて → ・泣く
 
【レッスン14】・仲直りした → ・部屋に入れる
 
【レッスン15】・とめる → ・乱用しすぎ!
 
【レッスン16】・選択肢なし
 
 
 
 
==================================
【瑛君とののの物語】
 
 
《130回目》
 
佐伯はもう一度、パラパラと雑誌をみると、無造作に机に上にそれを放り投げた。
(でも、まぁ。無事に発行されてよかった。俺のノルマもこれで果たせたな・・・)
 
そして、カレンダーをおもむろに見る。
(もう直ぐ、25日だな。バイト料振り込まれたら、あれ、買いに行くか。
まだ、あるといいけどな・・・。)
 
そして、最後に手紙に目を通した。
それは、彩からのものだった。
 
 
「佐伯君、私、あなたに謝らなきゃいけないことがあるの。
ののさんと撮った最後の写真のことなんだけど、急遽、載せることになってしまって。
 
最後の編集会議で、プロジェクトメンバーのエライサン方が例の写真みつけて
載せるように言ってきたの。
監督も私も、本人達の許可が出てないからって断ったんだけど
著作権はこの会社にあるからって、どうしても引かないの。
 
挙句の果てに、『これ載せられないいなら、モデル変えていちからやりなおす!』っていうの。
私、このブランドはどうしても佐伯君でいきたいけど、やっぱりサラリーマン社会。
お偉いさんの言うことは、絶対だから。
 
だから、載せなきゃいけなくなってしまったの。
早く、連絡しなきゃって思ってたんだけど
忙しさに翻弄されて、結局、事後報告になってしまいました。
本当にゴメンなさい。
 
何とか、ののさんも説得してください。お願いします。」
 
 
手紙を読むと、佐伯は溜息をついてつぶやいた。
(あいつ、大丈夫かな?でももう出てしまったからには今更しょーがねえよな・・・。)
 
 
 
 
                続く・・・
====================================

拍手

 「女好きの政治家Jr.」という設定の一輝君ですが・・・。
この人、良かったですよ~
もしかしたら、第一印象1番のの晋作君、超えたかも?!です。
 
最初は設定どおり、軽いしエロいし「これ、高校生?」って感じなんです。
「女の体が好きだからセックスが好き」なんて堂々と公言してます。
かなり、私としても引き気味だったのだけど・・・。
 
第1の試練:クイズ
第2の試練:牧場生活
第3の試練:ダンス
第4の試練:ロッククライミング
 
この4つの試練を2人でこなしていくわけですが
第2の試練のころから、一輝君の夢など聞く機会ができてどんどん彼の評価が変わっていきます。
彼は自分が世間知らずのボンボンだという自覚があり、それから脱却したくて
ボランティアでアフリカに渡り、そこで、困っている人達を助けているうちに
「世界を自分の力で変えたい」と思った。
それで、この学園に入ってキングレオになって100億円を元手に世界を変えていこうと決めた。
 
第4の試練実施前に、学園が災害に見舞われて、崖崩れが起こって負傷者が出ると
一輝君、危険を顧みず、負傷者を助けにいきます。
そしてまるで、本当のお医者様のように、周りの者に指示をあたえ
自分は手当を手早くしていきます。
崩れた崖に閉じ込められた生徒を助けに行くのも躊躇なく行ってしまいました。
まぁ、無事に帰ってきたんだけどね。
もう、この話しで、一輝、一気に惚れ直しましよ!
そしてこの事件をきっかけに一輝はお医者様になることを決めます。
もちろん、時間はかかるけど世界をかえたいという夢を目指しながら。
 
政治家の跡継ぎ息子だから、もちろんお父様からの妨害は色々ありました。
でも、一輝は自分の信念を曲げることなく決してお父様の圧力には屈しませんでした。
そして、主人公も一輝のお父様に怖いもの知らずで意見したり・・・。
ふたりとも、とっても強かったですね。
 
そして問題の女関係。
これは直らないのかなって思ってたけど。
何と、主人公を嫁にすると決めてからは、一切女遊びも辞めてしまっていたようで。
っていうか、それまで本気で惚れた女がいなかっただけみたい。
もう、後半は主人公一筋だったよ。
でも、言動はエロいの。
晋作君が最後キス止まりなんだけど、一輝はやっぱり最後までしちゃいました。
携帯アプリだから、想像させられるだけだけど。
これは、完全にやっちゃってますよ、それもかなり過激に。
でも、とっても魅力的なキャラクターだから是非プレイして下さい。
 
次は獅堂櫂斗にしようかな。
 
 
それでは、日下部一輝スーパーハッピーエンド
 
        ↓
 
【レッスン1】・俺様な政治家Jr. → ・ありがとう → ・イヤ!
 
【レッスン2】・好きになりません → ・怒る
 
【レッスン3】・ちょっと → ・怒る
 
【レッスン4】・本当に物知りだよね → ・行く
 
【レッスン5】・何でもない → ・一輝から離れる
 
【レッスン6】・どういたしまして → ・驚く → ・後をつける
 
【レッスン7】・手を握る → ・本当の医者みたいだね
 
【レッスン8】・馬が好きなの? →・ありがとう → ・怒らないの?
 
【レッスン9】・言わないよ → ・何よそれ!
 
【レッスン10】・わかった → ・大丈夫?
 
【レッスン11】・日下部君は出かけてね → ・悪いよ
 
【レッスン12】・ううん。 → ・遠慮する
 
【レッスン13】・そんなことないよ → ・なおす
 
【レッスン14】・大丈夫? → ・ここで襲うつもり?
 
【レッスン15】・未成年だもん → ・来るって信じてた
 
【レッスン16】・選択肢なし
 
 
 
 
 
 
===================================
【瑛君とののの物語】
 
《116回目》
 
「うん、大丈夫だよ。今日は暇で今から何しようかって思ってたから。」
「ぷっ!お前、折角の休みにやることねえの?」
 
「いいでしょ、別に。そんなふうに言うなら今から忙しくなるよ!」
「おい、悪かった、怒るなよ。」
 
「もう、で、どーしたらいいの?」
「お前さ、暇なら今から、臨海公園の噴水のところにこいよ。」
 
「わかった、ちょっと支度してから行くから、そっちに着くの30分後ぐらいだよ。」
「ああ、わかった。でも、多分、こっちで身支度は奇麗にしてももらえると思うから
支度は適当でいいぞ。」
 
「えーなにそれ?どういうこと?」
「まぁ、こっちにくれば解るから、とにかく急いできてくれ。」
 
「うん、わかった」
「じゃーあとでな」
「はい」
 
佐伯は携帯を閉じて、テーブルの上に置いた。
そして、監督、カメラマン、彩がいるところに行って、1時間ほど時間がかかると告げた。
ののが到着するまで佐伯だけの撮影の続きを再開することにした。
40分ほど経ったところでののがやってきた。
 
まさか、撮影現場に呼び出されると思ってなかったののは、途中で立ち止まってしまっていた。
(何?ここ?わたし、場所間違えたかな?)
すると、ののに気付いた佐伯がののを呼んだ。
「おーい、のの、こっちだよ」
ののは、呼ばれた方向に向かって歩き出した。
 
 
 
 
 
                 続く・・・
===================================
 

拍手

 この学園は、日本一の俺様を育てるために創設され、
生徒が男女ペアになって日本一の「俺様=キングレオ」を目指して
課題(試練)をクリアーしていくお話なんです。
ありえない設定でしょ。でも、面白かったよ。
 
まず、5人の中で一番気になった荒瀧くんから攻略開始。
荒瀧君は、日本最大のヤクザの組の跡継ぎ息子として修行のためこの学園に入学。
主人公は学園側の手続きミス(同姓同名がいた)で
本来、大金持ちしか入れないのに一般庶民で入学。
 
荒瀧君は、実は、父親の愛人の子供で、母親が小さい頃無くなり父親に引き取られた。
正妻にも子供(元次)がいるが、出来が悪くて父親が晋作を跡継ぎとした。
元次は晋作を恨んでいる。そして、同じ学園にいる。
 
晋作はヤクザの2代目としての鎧を着けて、人を寄せ付けないようにしているが
実際は、ピアノ演奏が大好きでその道に進みたい(かなりの腕前)と思っていたり
猫が好きで、こっそり飼っていたり、雷がトラウマになっていて怖がったりと
優しくて、照れ屋で、仁義礼節を重んじてる男の子だった。
 
主人公は最初は鎧をつけた晋作と接していくわけだけど
温室でピアノを弾いたり、猫の世話をしてたりする晋作をみつけて
散々、邪険にされながらも、毎日、ピアノ演奏を聴きに温室に通う。
じょじょに晋作が本来の自分を主人公にみせるようになり、仲良くなっていく。
 
そしてパートナー選び。
男性が女性を指名するわけだけど、学園の中で異色の主人公は、キングレオ候補の
男性から次々と指名される。
しかし、そこで晋作が始めて主人公を求める。
主人公は冷たくされながらも、優しかったり、助けてくれたりする晋作を
好きになりかけていたので、晋作と組むことにする。
 
そして第1の試練:湖の中のネックレス(だったかな?)を撮ってくる
第2の試練:無人島での生活、
第3の試練:ピアノの連弾
を一番でこなし、見事、キングレオの座を射止める。
そして、ヤクザの父親を説得して音楽の道に進むこと、主人公と付き合うことを許してもらう。
 
途中、腹違いの兄妹の元次とのいざこざ(主人公が狙われたり)があったり
主人公の幼馴染との取り合いがあったり以外と16日間、飽きることなく楽しめました。
晋作のキャラ設定が硬派だったからかも知れないけどあまり甘い部分はなかったです。
でも、途中、何回かはドキドキする場面はありました!純愛路線で・・・。
最後に二人っきりになってキスをするってところがあるんだけど
ちょっと感動物でした。
そして、中々、言葉にだして、甘いことは言ってくれない晋也くんの
最終日のメールの内容に撃沈
『俺の女になれ。一生、俺の傍からはなさねーから、覚悟しろや!』
 
 
 
それでは、スーパー八ピィエンドの選択肢です。
        ↓
【レッスン1】・荒瀧君にペンをかりる → ・言わない → ・もらう
 
【レッスン2】・うん、全然! → ・ベートーベン
 
【レッスン3】・かばってくれてありがとう → ・晋作と組む
 
【レッスン4】・うん、ちょっと → ・思ってないよ
 
【レッスン5】・成績がいい不良なんて珍しいけど → ・ピアノが聴きたくて
 
【レッスン6】・とってあげる → ・2日間よろしくね
 
【レッスン7】・もう、嫁に行けない → ・好きなのかも
 
【レッスン8】・一緒に寝る → ・ありがとう
 
【レッスン9】・晋作をとめる → ・お母さんのこと → ・なんでもないよ
 
【レッスン10】・行かない → ・秀ちゃんが心配で
 
【レッスン11】・拒否する → ・ありがとう
 
【レッスン12】・謝る → 期待とおりでしょ
 
【レッスン13】・助けてくれてありがとう → ・行きたい
 
【レッスン14】・会いたくなって → ・私も付いていく
 
【レッスン15】・遠慮する → ・大丈夫
 
【レッスン16】・選択肢なし
 
 
 
 
 
 
==================================
【瑛君とののの物語】
 
《105回目》
 
しばらく歩いていると、小さな机とベンチが点在している休憩場所があった。
佐伯君とののは、そこでお弁当を食べることにした。
 
「あー久しぶりに歩いたな。腹減ったー!」
「今日はね、張り切って早起きしてお弁当作ってきたんだ!
たくさん作ったから、いっぱい食べてね!」
「お前の手料理か・・・。大丈夫か?」
「何それ?どー言う意味?」
「いーや、何でもないよ。
 
でもさ、お前の手料理食べるの初めてじゃないか?」
「あっ、そー言えばそうだね。意外と自信あるんだけどな・・・。」
「お前のその根拠のない自信はどこからくるんだ?
悪いけど俺、舌は確かだぞ。それに、学校でも色んな女の子からお弁当
差し入れてもらったりしてるし」
(そうだった。佐伯君、学校のお昼休み順番に親衛隊の子たちとお昼食べてるんだった・・・。)
 
「でもでも、そこそこのレベルはあると思うんだけどなぁ・・・」
「どれ、じゃお手並み拝見といくか。」
そう言うと佐伯君はお弁当箱の隅にある卵焼きに手を伸ばした。
 
「これ食べると、だいたい解るんだよな。そいつの腕前。一番、個性がでるから」
「ど、どうかな?」
「うーん・・・。」
(えっ、もしかしてダメだった?)
 
次に、真ん中にあった唐揚げを取って口に運んだ。
「お口に合わなかった?」
「ばーか、そんな泣きそうな顔して。誰もまずいなんて一言も言ってないだろ。」
「そーだけど・・・。」
「うーん、まだまだってところだけど、旨いぞ!合格点はやるよ。」
「ほんと?嬉しい!」
「お前、自慢の唐揚げは確かに旨いよ。まぁ、1回じゃまぐれってこともあるからな。
また作ってこいよ、ちゃんと食ってやるから。」
「うん、わかった!私、頑張るよ。お弁当作るの嫌いじゃないんだ。」
 
 
 
 
              続く・・・
==================================
 

拍手

 ボルテージさんが、本日、新しい携帯アプリサイトをオープンしました。
「トキメキ最強オレ様学園」・・・何だこのネーミング・・・。
で、内容をチェック!!
 
とある事情から日本一の俺様を決める学園に入学することになったアナタ。
いろんなタイプの俺様5人から選びます。
ストーリーをすすめて行く中で選択肢を選ぶことで2種類のEDがある。
アナタは彼とペアになり日本一を目指す彼を支えます。
学園生活ではそんな2人を待ち構える試練が一杯。
試練の中で2人の距離が近づいていく。
いつもエラそうな俺様からの甘ーい告白を引き出す事が出来るのか、それはアナタ次第!!
 
攻略キャラ
・強引な御曹司:獅堂櫂斗
・ツンデレな幼馴染:岩崎秀太郎
・エッチな政治家の息子:日下部一輝
・硬派な不良:荒瀧晋作
・ドSな天才:氏家礼二
 
 
なんだか良くわからないけど
こんなあり得ない設定のゲームって・・・って興味津々で、もう登録してしまいました。
イメージ的には、「メイちゃんの執事」の学園とダブります。
で、私が最初に選んだのは・・・硬派な不良:荒瀧晋作
 
この人何と、やくざの2代目。
特技がケンカとピアノ。
女なんて興味なし。
好きな人に何て告白しますか?の質問に「うるせーな!好きだなんて言えるかよ!」だって。
 
荒瀧君、絶対、堅物ツンデレだと思う。
この女なんて興味ない俺様が甘くなるのがたまりません。
 
本編ひとり16日掛るから、また荒瀧君落としたら日記にUPしますね!!
 
そして・・・携帯アプリもこれ以上本数は増やしたくないので
「マージナルプリンス2」は8月で退会しました。
あー結局、いとしのユリウスの電話イベント出来なかったな・・・
それだけが心残り・・・。
 
 
 
 
====================================
【瑛君とののの物語】
 
《92回目》
そして日曜日。
生徒会執行部の方針で、テスト前の1か月間は、学校が休みの土日祝祭日も
図書館を解放している。
私たち4人は、学校の図書館で勉強することになった。
 
ののは着替えをすませて、学校へ向かった。
(本当に佐伯君きてるのかな?絶対来そうにないんだけど・・・)
図書館の扉を開けて、中に入る。
するともう他の3人は席についていた。
 
ののは、3人が座っている机に近づくと
「おはよう、みんな早いね」
「あっ、のの、おはようさん。珍しいなぁ、あんたが最後なんて」
「うん、そんなに遅く出たつもりはなかったんだけどね」
 
「のの、おはよう。お前、重役出勤で余裕じゃんかよ。」とハリーがいった。
「のの、おはよ。お前、今日、俺が先生だと知ってて遅刻か?いい根性してるな。」
 
「さ、佐伯君、おはよう。本当に遅れるつもりはなかったの、ごめん・・・」
はるひが助け舟をだしてくれる。
「ほな、全員そろったことやし、はじめよか。佐伯センセ」
「そうだな、始めるか。で、何からやる?」
「全部・・・。なープリンス。うちら、中間、散々やったんや。
これ以上、点数悪なると、進級できやんかもなんさ。マジ、やばい。何とかしてや・・・。」
 
「お、おい、はるひ。お前と一緒にするなよな。」ハリーが反論する。
「なにゆーてるん。ハリーかて、私とそんなにかわらへんやろ。崖っぷちやで!」
 
 
 
                                     続く・・・
====================================

拍手

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
にほんブログ村
ランキング参加中! 応援ポチよろしくお願いします!!
ゲーム専用ランキング♪
乙女ゲーム繁栄のために、応援お願いします!!がんばりま~す!!
忍者アド
皆さんのポチがゲームの糧になります!ご協力お願いします。
おきてがみ♪
メールするほどでもないけど、ちょっと一言!って思われた方、ポチと押すだけですよ。ついでに、「ことづて」に一言頂ければ嬉しいです!!
おきてがみ
♪ Twitter ♪
時々、呟いてますwww
teruteru719をフォローしましょう
Starry☆Sky in Summer Portable
私は宮地龍之介君がNO.1です!大好き!!
Starry☆Sky
お勧めの乙女ゲーム!Starry☆Sky 4月は不知火一樹君の誕生月です!!
【Starry☆Sky 応援中!】
ツンデレ★S乙女
美蕾の最新作品!タイトルとは裏腹な展開ですよ♪
セルフィータウン
時計
meromero park
メロメロパークに住んでいるてるりん♪です!
プロフィール
HN:
てるてる
性別:
女性
職業:
会社員(一応・・・)
趣味:
ゲーム(主に乙女!)・散歩・ぼーっとすること!(これ趣味?!)
自己紹介:
自己紹介ってこれといって何もないんですよね・・・。
会社員・主婦・母親の3足のワラジ履いてますが、どれも中途半端だし・・・。
密に乙女ゲーム大好きで結構、のめり込んでしまう方です!だから、余韻でしばらく次に行けない時がしばしば。でもやる時はやるけどやらない時は全くやらないかな・・・。昔のを突然やり出したりってこともしばしばです。
こんな私ですがよろしく!です。
乙女ゲーム二次創作サイト
★私の大好きな作家さんのサイトです!
 とっても素敵な作品がありますよ♪

SNOW FLAKE


★乙女ゲーム仲間さんのサイトです。
 本格的な小説が多数掲載されてます♪

きゃらめるかんぱにー

★ゲーム系・他ジャンルの二次創作テキストサイト
きざはしさん創作の「瑛君とのの」のお話も掲載されてます♪

きざはし
ガーネット・クレイドル
「SPICA」公式サイト

「Garnet Cradle sugary sparkle」公式サイトへ
すみれの蕾
すみれの蕾 すみれの蕾 すみれの蕾
誰にでも裏がある
amedeo 『誰にでも裏がある』応援中!
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新TB
籠の中のアリシス
「籠の中のアリシス」応援中!
Noise ―voice of snow―
Operetta Noise -Voice of snow-

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    material by ポカポカ色

忍者ブログ [PR]