忍者ブログ
乙女ゲーム(携帯 PC DS PSP)のプレイ日記です。 文末に「瑛君とののの物語」というお話も掲載中。 気が向いた時、思ったことを綴っていこうかな~って思ってます。 だからきっと更新も話題もバラバラになると思います。 こんなブログですが温かく見守って下さい! *ネタばれ、セルフありです!
[1] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さてさて、メインの5人目の慎一郎を攻略すると
「鬼畜ルートが開放されました」とメッセージが・・・。
???何これ?巷で噂の変態ルートってこれのことかな~???と思いつつやってみた。


*綾が開き直る!!

先ずは、綾が慎一郎に放置され、寂しさや恐怖から開き直ってしまい4人を誘惑するお話でした。
う~ん、これ要るのかな?
まあ、18禁ソフトを買ったからには、ってことでおまけみたいな感じかな?
でも、キャラクターによって凄く偏りあり。
何故か、榛名君だけ、一夜の大人シーン、回数が多すぎ!!
(ごめん!詳細は書きたいけど書けないわ~妄想タイムということで・・・)
やっぱ榛名君は技持ってるのかな~って激しく妄想・・・。
だって、私、やっぱり榛名君が一番いいもんなぁ。

でも、多分、本家のテクニシャンは神尾さんだと思うの。
でもでも、神尾さんは最初の1回ぐらいしか書かれてなくて
後は、「長い長い一夜が始まった」みたいな書き方。
正に妄想するしかありません!!

で、問題のチェリーの亮君。
これは、綾が悪女になってるし、「お姉さまにお任せなさい!!」で
凄いことになるんじゃない???」と期待してたら、これまた
最初の1回目だけで、あと次、朝のシーンになってた。
えっ?何で???つまんな~い!!

それで、どうしても思い出せないのが、浅野さん。
浅野さんあったっけ???
何か、なかったように思う・・・どうしても思い出せないなぁ・・・。

何だかなあ・・・。
18禁のおまけルートにするなら、もっととことんやれ!!って思ってしまった。
何か、中途半端。
綾も開き直ったなら、とことん悪女になってしまえばよかったのに。
その方がプレイしがいがあるかな~って思った。


*慎一郎「鬼畜」プレイ!!

綾が男を連れ込んで、連日、情事を重ねていたことを
家にしかけられていた盗聴器により知ってしまい、とうとう壊れてしまいました。
綾、監禁生活ですわ。
内容はここではここではやっぱり書けない・・・妄想タイム・・・。
けど、そんなに酷いのは無かったように思う。
やってることは酷いんだけど、イラストとか言葉の表現とか、エゲツナイのはなかったと思う。
ENDで、逃げようとした綾の顔をナイフで切りつけると言うのがちと怖かったけど
それ以外は、よくある監禁生活かな~って思う。
ENDが2種類で、もうひとつの方は、綾が監禁生活に耐え、慎一郎がそんな綾を許して
もう一度やり直すというストーリー。

このルートは綾がかわいそう・・・というより
慎一郎がどれだけ綾を愛していたかが判るルート。
その愛情が伝わらず、綾が好き勝手に色んな男性と関係を持ってしまうので
綾より慎一郎が哀れに思えて可愛そうでした。

さて、「鬼畜」ルートが終って、これでコンプリート!!って思ったら
また画面に「3Pルートが開放されました}ってメッセージ。
えっ?何これ???3P・・・これが噂のへ・変態ルート???
それで、浅野さんは、鬼畜ルートがなかったのかな?
ここまできたら、もうフルコンプを目指すしかないので、嫌な予感はしてたけどやってみましたよ!

感想:慎一郎・浅野・綾・・・貴方達の幸せは私は理解できません。
でも、貴方達がそれで幸せと思うのなら、それが幸せなんでしょう・・・。

3Pってもちろん、慎一郎・浅野・綾です。

浅野と綾が関係を持つまでは本編と同じストーリー。
本編との違いは、慎一郎へのバレ方。
本編は、慎一郎が盗聴器を回収して浅野と綾の情事の様子を知ってしまう。
こちらでは、盗聴器が仕掛けられていることを先に知ってしまって綾が自己申告する。

うわー今度こそ修羅場か???と思いきや。
最初、慎一郎と浅野が話しあい、出した結論。
「俺にわからないように続けるなら許す。出張などで家を空けている時だけにしてくれ」って慎一郎。
「僕は綾さんを愛しているけど、慎一郎から奪おうとは思わない、だからそれで充分だ」って浅野さん。
へぇ?何それ???
慎一郎は浅野、綾、二人とも失いたくない、浅野は慎一郎と綾を失いたくないという理由からだそうだけど・・・。
まあ、最初はさすが常識人の浅野は、慎一郎を思い、自分は会社も辞めて、二度と二人の前には
現れないって言ってたのだけど、どこでどうなったのか???
慎一郎さん、大丈夫?ってか慎一郎さんは恐らく、綾より浅野さんを失いたくないんだな・・・と。

で、暫くは、慎一郎とは普通に結婚生活を続け、出張の時に浅野のマンションとかで会ってたんだけど。
しかし、この二人、やけに意識ってかライバル視してるというか。
相手がつけたキスマークに逆上したり、「あいつはどんなことするんだ」とかでね。
綾本人より、綾と通して、慎一郎は浅野を、浅野は慎一郎を意識してるのね。

これ、綾ちゃん、楽しいのかな???

で、ある日、綾のマンションに届けものでやってきた浅野。
慎一郎が帰宅するまで時間があるからと、綾と絡みだしたところへ慎一郎が帰宅。
「あーあ・・・やちゃった!」って思ってたら。
綾が壊れた!「私は二人とも欲しいの!!」だって。
これで3P突入です。
この後、味をしめた3人は、度々3Pを繰り返し、挙句の果てに3人で暮らし出すんです。
結婚指輪も慎一郎のと浅野と二つ用意して「法的には許されないことだけど、僕達と結婚してください」だって。
慎一郎なんて、このマンションじゃ、浅野の部屋がないし、狭いから、郊外の一軒家に引っ越そうと。
子供はどちらの子供でも、どちらの籍にいれても、平等に愛する自身があるって。

ここまでくると、私、もう理解できません。
で、最初のっ感想ってわけです。はい、お幸せに・・・。


・・・もしかして、慎一郎は綾より浅野の方を愛してるのでは・・・
浅野も綾より慎一郎を愛してるのでは・・・と言う怖い妄想に発展してしまったのは言うまでもありません。
綾はだだのだしなのかな?
あーこの3人の10年後を覗いて見たい!!

鬼畜・3Pルートはストーリーはともかく、イラストはとっても綺麗です。
ちゃんと、二人とも脱いでるのが多いし不快な感じは全くないです。
ホント、綺麗!!


鬼畜、3Pをコンプすると、最後に「究極の愛」っていうメミューが出現します。
これは、よくある、出演キャラクターが集まって座談会をするものです。
亮くんがやけにいじられてた気がするけど、面白おかしく聞くことができました。

あーこれでやっとフルコンプです!!
今回は、何だかとっても疲れてしまった作品でした。
悪くはないんだけど、私のはちょっと・・・だったかな。



===================================
【瑛君とののの物語】

本編が長くなったので次回で・・・


====================================

拍手

PR

はぁ~やっと旦那さん・慎一郎に辿りつきました。
長かったなぁ・・・。

やっと、このゲームを始めて、安心してプレイできました。
慎一郎と綾のラブラブ純愛物語を体験できました。

慎一郎さん・・・う~ん、「すごく好き!」にはなれなかったけど。
私が率直に思ったのは  


『何て不器用な人』    です。

慎一郎さん、本当に綾のこと、一筋で愛しています。
でも、それを綾に伝える方法が間違ってた、知らなかったのかな?
この二人を見てると、「言葉で伝えること」の大切さを実感します。
「言わなくてもわかってくれる」・・・これは確かに憧れます。
でも、こうなるには、やはり、言葉で伝えあうと言う段階をふんで何年かかけて
「言わなくてもわかってくれる」関係を築いていくのだと思う。

慎一郎は色々話して綾に心配や恐怖を与えるより、何も話さない方が彼女が安心して生活できる。
仕事の愚痴や弱い自分を見せることで綾に愛想を尽かされるのが怖かった。
彼女が寂しいと言わない限り大丈夫だろうと綾の強さを過信している・・・こんな考えだったように思う。

一方、綾は
理由が全くわからない心配や恐怖にだた怯える生活
仕事の愚痴でもなんでもいい、感情をだして、弱い部分もみせてほしい。
じゃないと自分が信用されてない、必要とされてないと思う。
「寂しい」って言いたいけど言っても仕方がない、仕事の邪魔をしたくない。・・・こんな感じでしょうか。
こんなに、考え方がすれ違ってるのに、何もいわないでお互い理解するなんて無理でしょ。

でも、このルートでは、話あう方向にいきました。
一番のポイントは、やっぱり綾の行動。
他の男性に縋りたいところを、ぐっと我慢してひたすら慎一郎と接触できるのを待ちます。
綾、やれば出来るんだ、それくらいの理性と強さは持ってたんだ・・・って思った。

あと、一番大きなきっかけは、慎一郎の交通事故だけど。
これは、M&Aの仕事で、慎一郎が敵対している企業との交渉を早く終わらせたくて
わざと挑発をして、相手企業の会長に慎一郎を車で跳ねさせたわけ。
「俺が跳ねられることで、3か月かかるとこ3日で終わらせられたんだ。
 これ以上、長引いて、君と離れて生活するのが嫌で・・・」ってそんな理由なの。
お前はアホか!!それで死んだら元も子もないんだぞ!
このくだりはさすがに綾も平手打ちくらわせて怒ってたけど。
こんなアホなこと、まともにやってしまうぐらい不器用なんです、慎一郎。
そして、こんなに愛してるんです綾のこと。
ちょっと、説明してあげれば済むことなのにね・・・。
盗聴器の絡みで、家で話せないなら、綾の勤めるホテルでもどこでも、1日場所を変えて
話してあげれば済みことだったのにね。

慎一郎が事故で意識が戻らない間に浅野さんに問い詰めて、仕事の事情を全て知った綾は
それだけで、今までの訳のわからない不安や心配や恐怖からは解放されました。
そして、慎一郎の本心や弱さや不器用さを知って、「信じていこう」と決心します。
意識が戻ってからは、二人が理解しあう過程の話があって、婚姻届を出してハッピーエンド。

やっと安心でしました。よかった、よかった。


さて、5人攻略したところで、でました!!変態ルート!!(し・失礼!鬼畜でした・・・。)
という訳で、次はいよいよスーパー妄想タイムかな?

ここに書けないかもしれないから、その時はごめんね!!




===================================
【瑛君とののの物語】


《34回目》
その時、珊瑚礁の電話が鳴った。
「はい、喫茶・喫茶珊瑚礁でございます。」

「あ・あの、私、ののです。」
「お前、何やってるんだよ!遅刻だろ!今頃電話してきて!」
「ご・ごめんなさい。でも、あの・・・」
「いいから、早く来い!忙しいんだよ!わかったか!」ツーツーツー。
こちらが答える暇もなく、電話が切れてしまった。

「こら、瑛。お前はまた女の子にそんな口の聞き方して」
「いいんだよ!あいつ、たるんでるんだよ!」
「こら、瑛・・・」
佐伯君は言い捨てると、空いたテーブルのカップを片付けに行った。

(何で私、こんなに怒られてしまうわけ?)
休ませて欲しいと電話で用件を伝えることも出来ず、重い気持ちを引きずったまま、珊瑚礁の扉を開けた。

カラン、カラン。
「おはようございます!遅れてすみません!」
(それでも出来る限り明るく言った・・・つもり)

するとマスターが穏やかに答えてくれた。
「おはよう。お嬢さん。おやっ?昨日は寝れなかったのかな?おめめがウサギさんだね。」
「あっ、はい、ちょっと考えごとをしてまして・・・」

すると奥から佐伯君の声がした。
「遅いよ!遅刻だぞ!今度こんなことしたらクビだぞ!」
「こら、瑛。お前もいい加減にしなさい。」


=====================================
【瑛君とののの物語】


《35回目》
「ごめんなさい。」ののはそう言って、奥で着替えて洗い物に取り掛かった。
ガシャーン!!
(あっ、落としちゃった・・・)

「す・すみません!!」
「お嬢さん、大丈夫かい?怪我はないかい?」マスターが優しく問いかけてくれた。
「私は大丈夫です。すぐに片付けます!」
「君はいいよ、手を怪我したら大変だからね!瑛、瑛、割れたカップの片付けをしなさい」
「何で、俺なんだよ?」
「ごめんね、佐伯君・・・。」
「全く・・・お前、なにやってんだよ!やる気ないならもう帰れ!!」
「そんな言い方しなくても・・・。」
「昨日のこと考えて、浮かれてるんじゃないか?」
「ひ・ひどい!そんなんじゃないもん!」

我慢していた涙が、頬を伝って流れ落ちた。
「ちょ・ちょと、お前、何も泣かなくても・・・」
私は思わず、大声を上げて珊瑚礁を飛び出した。
(ひどいよ。佐伯君・・・。昨日のことは確かに考えてたけど、佐伯君のことだよ。)

(あいつ、何で泣いてるんだ?俺、そんなにきつい事言ったか?)
(てか、何で俺、あいつ見てこんなにイライラしてるんだ?)



                      ・・・続く
=====================================

拍手

浅野さん、GOOD END 迎えました。
浅野さん、全く黒くなかったよ、むしろ一番真面目で正統派。

あの~今回は少し、真面目なお話をします。
お願いだから、皆さん、引かないでね~
あくまでも私個人の意見です。
 


『仕事で忙しく、ろくに家にも帰らない旦那さん慎一郎とのすれ違いの生活の中、
やがて心まで少しづつ離れていく。

旦那さんの慎一郎の仕事絡みで自宅に様々な嫌がらせがはじまり、
綾は怖くてしかたがない。
でも、慎一郎は「気にしすぎ」と取り合ってくれない。
一人で過ごすことが耐えられなくなっていく綾は、
「親友・慎一郎の大切な奥さん」として優しく接してくれる慎一郎の友人である浅野に頼っていく。

浅野は綾を心配して、慎一郎の出張が終わるまでならと
毎日マンションに通い綾を気遣い、恐怖や寂しさから救う。
次第に惹かれていく2人。
しかし浅野は、綾への想いが本気になっていくことを自覚し、
慎一郎を裏切ることは出来ないと綾に
「今日で最後にしよう」と別れを告げる。
綾は、ついに言ってしまう「今日が最後なら抱いて・・・」と。
結ばれたふたりは、お互いを必要としていることを自覚し、
もう引き返せないほど愛してしまっていることに気付く。

慎一郎が出張から帰り、全ての事実を知る。
慎一郎が浅野のマンションに乗りこんできて、
二人が対決。(話し合いで)
その後、綾と慎一郎が話し合い、別れることに。

慎一郎と話し合い、新居をあとにする綾をマンション前で待つ浅野。
2人で浅野のマンションに戻り、二人で生きていくことを誓う。』



これ、リアルにありそうな話だよね。
で、私、浅野さんルートをプレイして気付たことがある。

なぜ、「銀の冠碧の涙」をプレイするのが辛いのか?
多分、一番、身近にリアルにありそうな内容だから・・・何だと思う。

もちろん、私はFURINの経験はありません。
でも、身近で悩んでいる人がいたり、話を聞いたり、相談に乗ったり。
やっぱり独身時代のような恋愛話よりFURUNの話の方が、今の立場の自分には多いです。
そして、誰でも一度は結婚後、いけないと思いつつ、異性に惹かれ、
理性で抑えた経験は大なり小なりあると思います。

そんな、今の自分の状況下で、この話は、もしかしたらあり得る話かもしれないって思うから
プレイしていて辛くなるんではないかと・・・。
もし、次、自分が恋愛にのめりこむとしたら、やっぱりFURINといわれる状況になるから
あまりにリアル過ぎて、辛い。
どの、立場の人の気持ちも、わかりすぎるくらいわかるから辛い。
そして、現実的すぎて、「夢物語」と言えず、逃げ場がないから辛い・・・そんな気がします。


乙女ゲームに求めているもの・・・
それは、非現実の恋愛に自分を投影させること。
私はこれが一番だと思ってます。
だから、主人公になりきって、ストーリーにのめり込んで、感情移入し、泣き笑い感動をします。
でも、それは、おそらく、現実には絶対ありえないことという安心感があるんだと思います。

学園物は今さらもう学生になれるわけではないし、
歴史もの、お姫さまものも、絶対、そんな立場になることはありません。
だから、安心して主人公になりきって、のめり込めるんです。

「銀の冠碧の涙」も、最初の3人は、何とか非現実の世界にすることができるんです。
亮君みたいな素敵な後輩は、まずいないし、いても、年上の既婚女性をあそこまで純粋に愛し、
本気になり執着する青年はいないでしょう。
遊びや体の関係だけを目当てで近づいてくる青年はいるかも?!ですがね。

榛名君も・・・。
大体、オーケストラのチェロ奏者が宅配のバイトなんてしない(指・手は大事ですから・・・)し、
あれだけ人を惹き付ける魅力のある男性は、綾ではなくもっと違う人を選ぶでしょう。
宅配していて、一目惚れするほど、綾は魅力的な女性ではありません。
その辺がとっても嘘っぽい。

神尾さんみたいな、女性の扱いが上手なプレイボーイ的な男性。
やっぱり、知り合う機会がないだろうし、綾に執着する理由がわからない。
この3人は、どこかで「これはありえないよな・・・」って思える部分があるから、
まだ、逃げ道があり、プレイできました。

でも、浅野さんの場合は・・・やっぱりありうる話なんですよね。
だから、本当に辛かったです。
初めて、このゲームで号泣しましたよ。

これはもう、あまりに意思の弱い綾が一番悪いです。
浅野さんの立場だったら、こうなってしまってしょうが無いです。
そして、親友の慎一郎と綾に挟まれて凄く辛い思いをしている浅野さん、もう見ていられませんでした。

慎一郎も親友の浅野に裏切られた形なのに、綾や浅野は責めず、自分が悪いと引き下がります。
男同士の友情ってこうなんですよね。絶対、相手を責めません。
たとえ殴り合っても、最後は相手を責めることはしません。
これは、慎一郎も凄く辛かったと思います。

私、男同士の本物の友情は素晴らしいものだって思うんです。
凄く憧れます。
だから私はこれは絶対に守ってあげたいって思ってるんです。
だから、これを壊した綾を許せません!

人間、そんなに強い生き物ではありません。
そう言う意味では、綾が恐怖や寂しさに耐えられず、浅野にすがった気持ちはわかります。
でも、やっぱり、早い時期に終わりにするべきでした。
犠牲っていうか、傷つく人が多すぎる。

こうやって、現実に起こり得る話だから、辛いんだと・・・。
そう、気づいたルートでした。
あーマジでやってて辛かった・・・。

今回、書いたことは、私自信の意見です。
だから、変に思われる点や、理解してもらえないこともあると思います。
色々、考え方はあると思います。
そのひとつなんだな~こんな風に考えてる人もいるんだな~って思ってもらえればいいかなと・・・。

そうそう浅野さん、結構、声の感じが若ちゃん先生(ときメモGS2)とカブルの多くて、余計、辛かったです・・・。

さてさて、何とかここまでクリアーし最後、締め括りは、旦那さん、慎一郎です。
どうか、純愛で締めくくって欲しいと切に願います。
 

拍手

神尾さんのBADルートの回収をしてきました。
結婚式挙げるまでで1つ。
最終でひとつ、ふたつかな?
ひとつはBADなのかGOODなのかよくわからない。
それと、神尾さんは旦那さんとやり直すルートがありました。

私、神尾さんに関しては、BADの内容の方がしっくりきました。
前回の神尾さん関係の日記に書いたけど。
神尾さんは、「大人の割り切り愛」で貫いた方が収まりがいいと思うから。
BAD3種類のうち、2種類は別れてしまうけど
1種類はどちらかと言うと、綾の方か黒く「悪女」っぽくなって
神尾さんと関係を続けていくのがあったの。
実は、これが、一番良かったかも?!って思う。

でもでも、神尾さんルートではじめて見た、旦那さんとの復縁ルート!
これはよかった!
あんなに「イヤだ、イヤだ!!」と拒否反応が出ていた旦那さん!
初めて「いいとこあるじゃん・・・」って思ってしまった。
このルートは、綾がふらふらせずに、ひたすら旦那さんだけを待ち続けるって話なんだけど
今までの綾からは考えられないストーリーだったなぁ。
綾もやればできるんだ!!
実は旦那さん、言葉や態度にはあまり出さないけど、本当に綾のことは愛してます。
このルートでは、旦那さん素直に自分の気持ち、表現してます。
綾は多分、愛情を言葉や態度で表現して欲しい子なんだろうな。
その辺がしっくりいったら、この二人は上手く回っていくんだな・・・って
実感したルートでした。

これで、旦那さんルートがちと、楽しみになってきたかも?!
もしかしたら、私の大好物の純愛お涙王道物語かもしれないぞ!!

その前に・・・浅野さん・・・黒いぞ、きっと・・・フフフ

 

=================================
【瑛君とののの物語】

《30回目》
「昨日、俺ら、あいつと遊園地遊びに行ったんだ!」
「へっ?誰が?」
「誰がって・・・お前、人の話、聞いてんのか?だから、俺と井上とはるひとのので」
「何だ、それ?」
「どーだ、気になるだろう?」
「べ、別に。どうでもいいよ!そんなこと!」
「はるひ、最初、お前を誘うつもりだったらしいんだけど、あいつが佐伯じゃなくてもいいっていったみたいで。だったら、あいつに気がある井上、連れてった方がいいと思ってよぉ」
「井上って、あいつに気があるのか?」
「そーなんだよ。物好きだよな!前から、話する機会作ってくれってたのまれてたしな」
「井上って針谷のバンド仲間だよな」
「そうそう、でもって小学校からの腐れ縁」
その後、佐伯君は黙ってしまった。

「おぅ?ショックうけてる?」
「んなわけ、ねぇだろ!何で俺がショック受けなきゃいけないいだ!あいつのことで!」
「お前、本当に素直じゃないな。そんなにジャらってるのみえみえなのに」
「じぇらってるって・・・。何語だよ!もういいよ!俺、行くから!」
「何だよ、待てよ!まだ続きがあるんだぞ!」
「別に興味ないからいいよ!」
「楽しかったぞー!あいつらも、仲良さそうだったしな!」
「もう、いいって!うるさい!」
と、言い捨てると、佐伯君は自分のクラスに帰っていった。
(あっ、話おわったのかな?佐伯君帰っていったけど本当に機嫌悪そうだったな)


                  続く・・・                    
====================================

拍手

やっと、やっと、少し進めることができました!
しかし、何でこんなにこのゲーム、苦戦してるんだろう・・・???

途中、ちょっと中断しましたが、
何とか神尾さんGOOD END到達しました。

う~ん、感想ですが、正直に言います。
神尾さんは、何だか設定が中途半端だったように思う。
実は私が途中中断することになった理由にもなるのですが
ゲーム最初の頃の神尾さんとの関係は
「割り切った大人の恋愛」でした。
愛情がどうのこうのじゃなく、ただ綾の現実逃避のよりどころ。
だから、神尾さんも、だた綾を喜ばせてあげることに徹してました。
これを、割り切った恋愛とドライにプレイできればよかったのですが
中々割り切ることが出来ず、あまりに虚しく途中中断させてしまいました。

で、頭をなんとか切り替えて、再開して、GOOD ENDまでいったら・・・。
今度は途中から、神尾さんの態度が一転。
「君の大切さがわかららず、やっと気がついた」と言う理由で態度を180度変えてきたのですが、今度がまさに純愛路線ですよ。
綾に甘い言葉を囁き、優しく、包み込むように彼女を愛します。
なんとか、割り切り愛に路線をかえた私は、また気持ちがついていかず
後半は、「えっ、何でこの展開?」って戸惑っているうちに終わりました。
旦那さんとも、すんなり別れて(この点も、なんであんなにすんなりって言うか旦那さんが神尾さんを仕事上で助けるってどー言うことありえない)
お互いの愛情を確かめあい、神尾さんがプロポースする。
素敵な曲がながれてエンディング。
その後、幸せな日常生活の(まだ結婚はしてませんが)後日談が流れてGOOD END。

きっと、前半と後半のギャップを狙った良い話、感動するはずの話なんだろうけど
私にはちょっと、ギャップについていけませんでした
神尾さんは、もう前半の「割り切り愛」の悪役のままでENDを向えて欲しかった。
途中で純愛良い人に変わっても付いていけないもの。
ただ、中途半端なイメージが残っただけ。
ちょっと、残念でした。

 

==============================
【瑛君とののの物語】

《28回目》
翌朝。鏡に映った私の顔は酷いものだった。
結局、ほとんど眠れなかったなぁ。
佐伯君のこと、考えれば考えるほど、訳が判らなくなって自分がどんどん怖い考えに陥ってしまった。
(今日は、あんまり人と会わないようにしなきゃ。酷い顔・・・。
でも、どうしよう。佐伯君にあったら・・・。聞きたいけど聞けない、やっぱり・・・。)

そしていつもより、少し早めに家を出た。
教室に入ると幸い、誰も居なかった。
ここに来るまでも、知ってる人には会わなかったし、良かったな。

暫くすると、はるひが教室に入ってきた。
「のの!おっはよーって?!あんた、その顔どーしたん?」
「おはよ。うん、昨日、あれからちょっとトラブルがあって」
「トラブルってなんなん?」
「・・・」
「黙ってたらわからんやん、どーしたん?」
「さては、井上君と何かあったんやろ・・・」

こんな時のはるひは、正直鬱陶しい。
心配してくれているのは凄くよくわかるけど、何も聞かずにやり過ごして欲しい時もある。
「違うよ・・・。井上君は関係ない」
「そしたら何なん?」
「・・・」
「何や・・・ダンマリかいな。まぁええわ。帰りにじっくり聞いてあげよか~」
「ごめん!きょうはバイト・・・?!あっ!!」
「どないしたん!?}
(しまった!今日はバイトの日だ・・・)
「あっ、何でもないよ。ごめんね。今日、バイトあるからまた今度ね」
「まぁ、それやったらしょーないなぁ。何や、わからへんけど元気だしーな!」
「うん、ありがとうね。」
(忘れてた。今日はバイトの日だ。嫌だな・・・行きたくないなぁ)

そして、その日一日をほぼ教室で過ごした。
教室を出るのは、移動教室のときとお手洗いだけ。
何だか、皆の元気な姿が羨ましかった。
(みんな、楽しそうだな・・・)


                  続く・・・
================================
 

拍手

GOOD ENDは榛名君のお陰で激怒せずにプレイできたけど、問題はBAD・・・
ただ、榛名君のBADってあんまりなかったんよね。
みつけられなかっただけかも?!だけど。
 

やっぱり、一番、耐えがたいのは、深い関係を持ってからのBAD。
これは、もろ「FURIN」状態でした。
慎一郎絡みも嫌がらせ(慎一郎がM&A関係の仕事やってて、相手企業に睨まれて家庭にいらがらせされてる状態~無言電話、開封されるDM、見張りの黒のワンボックスカーなど)もおさまって、慎一郎の態度も少し変化してくる。
慎一郎に捨てろと言われた婚姻届も捨てられず。
慎一郎とは別れることも、やり直すこともできない状態。
 

榛名君とも、別れることが出来ずホテルで密会とか重ねてる状態。
榛名君は、やっぱ、齢のわりに大人だよ。
亮君みたいに自分の想いのたけを訴えてくることなく
(そんなことしたら綾に負担がかかること察してね)
「この状態は俺が勝手に好きでやってることだから、おねーさんは何ひとつ悪くないよ。」ってね。
1番は面倒だから2番のポジションがいいとかね。
会える時だけ会えれば十分。それ以上は望まないとかね。
綾に負担かけたり、決断迫まったり、罪悪感持たせたりは絶対しない。
まるで二股推奨してるかのように、今のままでも綾が居心地よく暮らせるようにしむけている感じ。
 

あとね、テクニックが半端じゃないよ・・・(←さー皆さん、くいついてきてね!!)
榛名君って何歳ぐらい?25ぐらいだよね。
この歳で、熟年オヤジのテク炸裂させるのって凄いなぁ・・・
若者がこのテク(ごめん!ここではこれ以上書けません、ノンアダルトカテゴリーですから・・・妄想タイムです!)使うのってもどかしくって相当自分も辛いのでは?って思ってしまうのだけど、全然平気っぽかったし・・・。
もちろん、若者らしく・・・情熱的なのもあった(ごめん、これも書けない。妄想妄想・・・)けど。
こちらのペースに持ち込んで、あと少しで落とせる!!って思っても、
寸でのところで上手くかわされて、立場逆転だよ。
気がつけばもう、いいようにやられてます・・・
このパターンも多かったなぁ。余裕シャクシャクで憎たらしい。
「S」の皆さ~ん、榛名君、落としてくださ~い!!
私は、もう諦めましたが・・・。
こんな人相手じゃ、とても太刀打ちできない・・・悔しいけど・・・ご自由にどうぞって・・・
初めて綾と意見が一致したわ!!こんなことで・・・ハァ~

ちょっと、暴走してしまいました。スミマセン!


さて、次は・・・浅野さんに行きたいのだけど、
今回私は多分、浅野さんが一番黒くて怖いんじゃないかと思ってます。
だから、最後に置いといて・・・美容師店長の神尾さんに行ってきまーす!
榛名君を超えるだようか・・・(何が???)

 


==================================
【瑛君とののの物語】

《21回目》
そして日曜日。
私は、はるひ、ハリー、そして井上君と遊園地で遊んでいた。
最初、ジェットコースターに乗って、それからゴーカート。
嫌がるハリーをねじ伏せてメリーゴーランドにも乗った。
井上君は、はるひが言ってた通り、学校ではハリーや佐伯君ほど目立ってないけど、
見た目もいいし、話も上手!
良く笑うし、はきはきしたしゃべり方だし、面白いし爽やか!
そしてハリーや佐伯君と明らかに違う点がひとつ。
女子にとても気を遣ってくれる。
ジェットコースターに乗って、ちょっとフラフラしてたら、すぐに
「大丈夫?ちょっと気分悪そうだね・・・ベンチで休もうか?」って言ってくれて。
それに対してハリーなんて
「井上~大丈夫だよ!そいつ不死身だから!甘やかすなよ!」だって!
「ダメだよ!ホント、気分っ悪そうなんだから・・・。俺、しばらく一緒に休んでるからお前ら二人で行ってこい!」
「わかった!あれ乗ったらまたくるわ!」だって・・・。
(多分、佐伯君ときても、ハリーと一緒の反応なんだろうな・・・)なんて考えていた。
(もう!何で、こんな時まで佐伯君のこと考えてるんだろう・・・)


                       続く・・・
===================================

拍手

榛名君、メチャ良かったです!
何がって・・・チェロ・・・チェロですよ!!チェロ!
言葉で上手く伝えられないからってチェロを奏でて下さいました・・・
私、撃沈しました。
実は、楽器、弱いです。ギターはそうでもないけど・・・
一番はピアノかな?ピアノは弾ける男性、惹かれますね。
だから以前プレイ済みの「すみれの蕾」のカナデのピアノ
「ガーネットクレイドル」のサーリアのハープなんかも、私のもろツボです。
 

榛名君、実は音大卒で密かにオーケストラ入り志望してました。
バイトしながら、オーデション受けたりしてるんです。
あの、軽いノリからは想像もつかない背景でした。
しかも実家は会社経営してて、本人も経営者の素質十分すぎて。
このままじゃ跡継のお兄様の立場がないので、身を引いた・・・と言うお方でした。
大体、フリーターで気さくって言う人、蓋をあけたらビックリ!ってパターン多いですよね。
でも、私はそんなベタベタ設定、大好きですよ!!
 

でも、この人の一番すごいところは・・・。
どうしてもいて欲しい時、顔を見たいとき、声を聞きたい時に
こちらが凄く我慢をして、連絡しないようにしているのに何故か、
私の前に現れてくれるんです。
どーしてわかるんでしょうか???
これも、私、もろツボです。
どんなに普段優しくても、ここぞと言うとき(多分、えっ、そんな時って時)
何もなかったらダメなんです。
逆にいえば、普段どんなに冷たくても放置されてても
ここぞと言うときにいてくれればOKなんです。
それを、察してくれる人・・・これがもろツボでございます。
どれだけ優しい言葉を毎日かけてくれても、
ここぞと言う時にことばが無かったらダメなんです。
100の言葉より、1言で落とせますよ・・・単純。
榛名君はこれが出来る人でした。もう、言うことはありません。大好きです!!
 

GOOD ENDは修羅場の旦那さんが、亮君の時と違って怖かったなぁ。
榛名君殴ったからな。
でも、榛名君は絶対手は出しませんでしたよ。凄いポリシー・・・
あとね、修羅場が終わって綾と二人になった時に
「旦那さん、オネーサンの事、本当に愛してたんだね。俺のことは殴ったけど、オネーサンのことは殴るどころか責める言葉も何もなかったじゃん。普通、このケースだと、旦那は嫁に裏切られたって思うから、嫁さん責めるんだよ。でもしなかったもんな」って言ったの。
何かこの発言、納得・・・。慎一郎も表現方法が合わないだけで綾を愛してたんだな・・・。
それと、こんな場面で、こんな発言をさらっとする榛名の懐の深さにまた惚れた・・・。
 

結局、オーディションは最終審査までいったけど落ちてしまて。
でも海外でチェロの勉強する機会ができて、本格的のチェロ奏者を目指すことに。
綾とは、一緒に暮らして頑張っていくことで収まりました。
榛名、いい男だな・・・。

 


==================================
【瑛君とののの物語】

《20回目》
そう、はるひはハリーのことが好きで、それは前々から聞かされてて知っている。
出来れば、協力したいけど、何か複雑だな。
井上君のことは知らないけど、確かにいい人なんだと思う。女子の会話にも出てくるし、
佐伯君やハリーほど騒がれてはいないけど
5本の指には入る人気物だ。佐伯君はどうせ誘っても
「面倒くさい」とか言って来ないだろうし。
えっ、私何でこんなに悩んでるの?佐伯君の方がいいってどこかで思ってる。
何でだろう?何か凄く落ち込んだ気分だし・・・。もしかして私、佐伯君のこと・・・
「なーどう?ええやろ?4人で楽しく遊ぼ!」
「それとも、やっぱりプリンスがええの?」
「だから、違うってば!・・・解った、行くよ・・・」
「よしゃ!そうこなくっちゃ!ありがとう!!あー日曜日たのしみやな~晴れるとええな~」


                       続く・・・
==================================

拍手

銀の冠碧の涙・和泉亮続き(+ときメモGS2物語~18)前回、GOOD ENDを見たので、
次へ行く予定だったのですが
亮くんのCGのコンプしたくてBADの回収をしました。
 

BADは、結婚式までに1種類。(途中の話は色々だけど最後は同じパターン)
結婚後はある程度仲良くなるが、深い関係になることなく
何事もなかったように日常が続いていくみたいなBAD ENDが1種類(そこへたどりつくまでの
パターンは何種類かありますが)と、深い関係を持ってからのBAD ENDが一種類でした。
 

で、で、で・・・この深い関係を持ってからのBAD ENDが最低・・・。
マスマス綾が嫌になってしまった・・・。
亮くんのほうは覚悟を決めて、正々堂々と付き合えるように
旦那と別れて欲しいっていってるのに綾ときたら・・・。
 

このまま亮くんと一緒になっても後悔する。
亮くんへの気持ちが何なのか判らない、ただ寂しさを埋めてもらってるだけかも。
慎一郎さんのことが、本当に嫌になったのかどうかわからないし。
時間が解決してくれるかもしれない・・・。
こんな理由を並べて今直ぐには別れられない。
最低1年間は慎一郎さんと頑張ってみよう。って
1年間、慎一郎と亮君を二股かけるENDなんです。
 

もちろん、最初は亮くんと別れるつもりだったみたいだけど
亮くんもあんな素直で真っ直ぐで優しい人だから
「俺は傷ついても大丈夫。いつまでも待っていられるから」といわれて
「はい、じゃー待ってて下さい、お願いします」状態・・・
あんまりだ・・・。
 

綾、お前がそんなんじや何もかわらんだろうが!!
お前が変わらなきゃ、いくら時間をかけても今の状態が続いて行くだけやろ!!
って思いっきりつっこみをいれてしまいました。
この女、最悪・・・。
 

お願いだから、もうこれ以上、亮くんを巻き込まないでー
亮くん、早く他に目を向けて綾から抜けだしてーって切におもいました。
 

もう、自分が綾であることが、苦痛でたえられな~い!!
私、このゲーム最後まで出来るのかしら・・・とマスマス不安になってきた。
でも、男性陣は魅力的な人ばかりだから、やっぱり攻略はしてみたい。
まさか、こんなことで悩むなんて、夢にも思わなかったわ・・・。ハァ~
 

と言うわけで、現在、椎名君の途中までプレイしてますが
椎名君・・・これがまたいい男で・・・。
ただの、お調子者キャラかとおもったら、意外に大人の男でした。
GOOD ENDを迎えたら、またブログに書きますね。

 


==============================
【瑛君とののの物語】

《18回目》
帰りのHRが終わると、はるひが、突然話かけてきた。
「なーな、のの。久しぶりに一緒に帰らへん?」
「いいよ。」
「時間OKなら、ちょっとお茶してかへん?」
「今日は、バイトもクラブもないから大丈夫だよ!」
「よしゃ!ほんなら決まり!公園通りにおいしいケーキ屋さんができたんや。
そこのチーズケーキが絶品でな・・・。食べてみたいんさな。行こか!」
はるひと私は、公園通りのケーキ屋さんに向った。
目的のお店につくと、はるひは目を輝かせておおはしゃぎ!
案内された席に着いて、チーズケーキと紅茶のセットを頼んだ。
すると、唐突にはるひが言った。
「なーあんたさ、好きな人おるん?やっぱりプリンス?」
はるひは佐伯君のことをプリンスって呼ぶ。
「ち、ちがうよ!」
「えーほんとー?隠さんかってええで。正直にゆうてみ!」
「本当にちがうってば!」
「ほんとぉ?じゃーさーちょっとお願いがあるんやけど・・・」
はるひが上目使いで両手を合わせて私をみた。


                     続く・・・
=================================

拍手

ピンポンパンポーン!
皆様にお知らせとお詫びです!
「銀の冠碧の涙」は法律的に言うとFURINの話ではありませんでした。
何とか、慎一郎さんと結婚して先にすすんで発覚しました。
このお話、慎一郎さんと結婚式を挙げ、翌日から新居で2人の生活をスタートさせますが
この時点ではまだ婚姻届は出していません。
翌月の綾(主人公)の誕生日に提出しようとサインだけして引出にしまってある状態です。
で、式を挙げてから婚姻届を出す間の物語なので、
法的には婚姻関係は成立していません。
だから、厳密に言うとFURINではないことになりますね。
ただ、何で、結婚式挙げてるのに届け出さないの?って凄く不自然・・・。
とかここまできてたらもう実質的にはFURINでしょって思いはあります・・・。
 

さてさて、私、頑張りましたよ!
嫌だ、嫌だと抵抗していた慎一郎さんと結婚式挙げましたよ!
 

でそのあと、素直に、進んだら・・・やっぱり最初、亮君とGOOD ENDで終わりました。
最後は、提出するはずの婚姻届を破り捨て、亮君の元に走るのだけど、これってGOODなのよね?!
一応、素敵なED曲が流れ、エンドロールも流れ、最後、亮君との幸せな後日談もあったのでやっぱりGOODでいいんだよね・・・。
何だか、GOODなのかBADなのか解らないなぁ・・・。
これ、やっぱり設定を、結婚前の揺れ動く主人公ってした方が気持ちよくプレイできたかも?!って思う。
 

だって、亮君って凄くいい子で、彼と歩いていけるENDはとても幸せなはずなのに、何だか引っかかるのよね。


ただ、きっと結婚前っていうより、結婚後、旦那様と生活をはじめてその過程で発生する問題を
心が離れていく原因にしたかったから、こんな設定になったんだと思う。
それは、プレイしていて良くわかった。
時間のすれ違いや、会話のなさ、優しさ思いやりの表現方法の違い、価値観の違い、二人で生活することの煩わしさ、自分の時間を持てない苦痛さとかね。
でも、既婚者から言わせてもらうと、慎一郎さんと結婚するなら、こんな原因は起こって当然と覚悟してそして、結婚を決めないと・・・。
だから、どうしても最初に安易に結婚を決めた綾を受け入れられないのよね。
でね、「亮君みたいないい男が選ぶ相手じゃないよ、綾は」ってなってしまうわけ。
素直に喜べなくて、本来ならば涙流してもいいぐらいのストーリーだったけど、今回涙も出なかった。
それに、自分が綾になるのが嫌で、名前変換もしませんでした。
完全に第三者の目でプレイしていたのも涙が出なかった原因かな?
 

でも、和泉亮君はホント、いい男だよ!5年後が楽しみって感じでね!
大学生なのに、真面目でしっかり自分の信念を持っていて、将来のことも具体的な夢を持っていてそのための努力は惜しまない。
普段は、無口で恥ずかしがり屋だけど、自分の信念は相手が誰だろうが主張するし、決める時は強引でも決めてくる。
圧巻だったのは、旦那との対決?!の時の言いっぷり!
これはきっと声優さん効果だと思うんだけど、低音で優しく言われる時とか、この旦那さんとの対決で怒鳴るまではいかないんだけど、強く言い放つ時が凄くゾクゾクしってかっこいいです!
あの沈着冷静な旦那を前にしても一歩も引かず、言いたいことは言い放った彼は凄くかっこよかった!
やっぱり、一番見込んだことはあるな・・・なんて嬉しくなっておりましたわ!
凄く素直でかわいい面と、男っぽくて強引な部分があって、
そのギャップはKOものでしたよ。
 

CGはとっても綺麗です。
大人なシーンも凄く綺麗に書かれていてクドイ訳でも、長い訳でもなく抵抗なくプレイできると思います。
 

あっ、そうそう、旦那さんの慎一郎についてだけど、彼の名誉のためにひとこと。
私、散々な書きようだけど、
世間一般では結婚相手としては申し分ない条件を持った方です。
キャラ設定も俺様が入ったツンデレキャラになっていて、
本来ならわたくし大好きなキャラのはずです。
実際、公の顔は出来る沈着冷静なエリートサラリーマンだけど、
二人きりだとデレデレな部分も出ています。
でも、どーしても私が受け入れられないのは・・・
付き合ってる段階で彼と結婚したら、時間のすれ違いや、会話のなさ、優しさ思いやりの表現方法の違い、価値観の違い、彼と生活することの煩わしさが発生して自分は耐えられなくなることが解かるからです。
だから、彼との結婚はありえないと判断したわけです。
 

でも、亮君の場合は、今は未熟な部分が多いけど、これから何年かかけて、
私が結婚生活で必要と思うものを全部満たしてくれる要素を持っているから彼を選びたいんです。
 

このゲームは、是非、結婚適齢期を迎えた独身女性にやって欲しいな~
結婚を考える良い機会になると思います!!
 

そうそう、亮君、チェリーちゃんって設定だったんだけど、
今は情報が豊富で色々勉強できる機会があるからかな?
「おまえ、それは嘘やろ!」って突っ込みたくなるくらいでした。
綾は「あっ、気が付いてしまった」って途中で気づいていたみたいけど、
私は全くわかりませんでした。ハハハ・・・

これ、END各キャラいくつあるか分からないんだけど、
スチルが埋まってないから亮君もまだ後2~3種類END(多分、BADの方)があると思うんだけど、
取り合えず、各キャラのGOOD END 狙いでやっていこうと思います。
次は、・・・相手のペースにどんどんはめられていく榛名誠君狙いで周ってきま~す!!

 

================================
【瑛君とののの物語】
 

《14回目》
暫くして、コーヒーを飲み終えたその女性は
「じゃ、佐伯君、後でね!」と言って、軽く手をあげると、颯爽と扉を開けて出て行った。
「ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております」
2人のやりとりがあまりに絵になっていて、私は思わず見入ってしまっていた。
 

「おい!お前!」
「・・・。」
「おい!のの!」
「えっ?は、はい」
「お前、何ボーっとしてるんだ!ありがとうございましたぐらい、ちゃんと声出していえよ!」
私は我に返って「あっ、ごめんなさい。気をつけます・・・。」
その女性が座っていた席に行き、片付けをする。そして、思い切って聞いてみた。
 

「ねぇ、佐伯君って年上にもてるんだね!さっきの人も佐伯君のファン?仲いいんだね」
「そんなんじゃねぇよ。」
「でも、楽しそうに話してじゃない?」
「最近、良く来てくれる常連さんだから、そっけなくもできないだろ?それに、お前には関係ないだろ?」
「それはそうだけど・・・。気になるじゃない」
「あ~もういいから仕事しろ!勤務中だぞ!」
(・・・酷いなぁ。あんな言い方しなくても。確かに私には関係ないことだけど)

 

                              続く・・・
=================================

拍手

やっぱりダメだわ・・・どーしても信一郎のプロポーズをOKできない。
先に進めない・・・え--------ん!!
 

1周目、素直に選択肢選んでいったら・・・
最後、信一郎のプロポーズ断って別れて、和泉君とEND
やっぱり・・・これってBAD?私にはHAPPYなんだけど・・・。
結婚してないんだからFURINも何もないじゃん!普通の恋愛だよね。
でも、これじゃ、このゲーム成立しないんだ!
 

気を取り直して、2周目。
今度は、多少、妥協しながら選択肢を選ぶ。
和泉君にも不本意だけど冷たくして本当に随分、譲ったつもりだけど・・・。
最後、信一郎のプロポーズ断って別れて、榛名とEND
えっ?!これでもダメが・・・。
 

しかし・・・私って正直。
やっぱり、年下2人になっちゃうわけね。
3回目このままだときっと、浅野さんとENDになるだろうなぁ。
 

この際、もうやっぱり、信一郎一筋で行かなければ、ゲームが進まない。
涙をのんでそうしよう。
次はちゃんと、信一郎と結婚するね・・・。
 

・・・とここまできてちょっとわかった気がする。
こんな気持ちで結婚するから、後々FURINに走るんだー!!
確かに、ラブラブモードで結婚したらFURINに走る気持ちにならいもんね。
これも、製作者側の思惑なのかな・・・って。
だって、主人公の結婚の決め方、どんだけ突っ込みいれたくなったことか!
「あんた、そんな気持ちで結婚きめるな!!」ってね。
 

う~~~スゴーく、不本意だけど、ゲームすすめなきゃだから、信一郎と結婚します!!
がんばろー!!


=================================
【瑛君とののの物語】

《13回目》
その女性はいつもの席に座ると、佐伯君を見てにっこりほほ笑む。
「いらっしゃいませ。いつものでよろしいですか?」
「ええ、お願いね!」
「かしこまりました。」


(も~佐伯君も佐伯君だよ!何かデレデレしちゃって・・・あれっ、何で私、こんなイライラしてるの?)
いつもの「珊瑚礁ブレンド」を煎れると佐伯君は運んで行った。
「おまたせしました。サンゴ礁ブレンドです」
「ありがとう。そうそう、佐伯君、ちょっとあなたにお話があるんだけど、時間作ってくれないかしら?」
(えっ?何?何なの?もしかして告白とか?!)私は明らかに動揺していた。


「今日ですか?」
「そうねぇ。早い方がいいわ。何とかならない?」
「わかりました。営業中はちょっと無理ですから、閉店後でもよろしいでしょうか?」
「わかったわ。じゃ、閉店のころもう一度くるわ」
「はい、では、お待ちしております」

 

                          続く・・・
==================================

拍手

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にほんブログ村
ランキング参加中! 応援ポチよろしくお願いします!!
ゲーム専用ランキング♪
乙女ゲーム繁栄のために、応援お願いします!!がんばりま~す!!
忍者アド
皆さんのポチがゲームの糧になります!ご協力お願いします。
おきてがみ♪
メールするほどでもないけど、ちょっと一言!って思われた方、ポチと押すだけですよ。ついでに、「ことづて」に一言頂ければ嬉しいです!!
おきてがみ
♪ Twitter ♪
時々、呟いてますwww
teruteru719をフォローしましょう
Starry☆Sky in Summer Portable
私は宮地龍之介君がNO.1です!大好き!!
Starry☆Sky
お勧めの乙女ゲーム!Starry☆Sky 4月は不知火一樹君の誕生月です!!
【Starry☆Sky 応援中!】
ツンデレ★S乙女
美蕾の最新作品!タイトルとは裏腹な展開ですよ♪
セルフィータウン
時計
meromero park
メロメロパークに住んでいるてるりん♪です!
プロフィール
HN:
てるてる
性別:
女性
職業:
会社員(一応・・・)
趣味:
ゲーム(主に乙女!)・散歩・ぼーっとすること!(これ趣味?!)
自己紹介:
自己紹介ってこれといって何もないんですよね・・・。
会社員・主婦・母親の3足のワラジ履いてますが、どれも中途半端だし・・・。
密に乙女ゲーム大好きで結構、のめり込んでしまう方です!だから、余韻でしばらく次に行けない時がしばしば。でもやる時はやるけどやらない時は全くやらないかな・・・。昔のを突然やり出したりってこともしばしばです。
こんな私ですがよろしく!です。
乙女ゲーム二次創作サイト
★私の大好きな作家さんのサイトです!
 とっても素敵な作品がありますよ♪

SNOW FLAKE


★乙女ゲーム仲間さんのサイトです。
 本格的な小説が多数掲載されてます♪

きゃらめるかんぱにー

★ゲーム系・他ジャンルの二次創作テキストサイト
きざはしさん創作の「瑛君とのの」のお話も掲載されてます♪

きざはし
ガーネット・クレイドル
「SPICA」公式サイト

「Garnet Cradle sugary sparkle」公式サイトへ
すみれの蕾
すみれの蕾 すみれの蕾 すみれの蕾
誰にでも裏がある
amedeo 『誰にでも裏がある』応援中!
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新TB
籠の中のアリシス
「籠の中のアリシス」応援中!
Noise ―voice of snow―
Operetta Noise -Voice of snow-

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    material by ポカポカ色

忍者ブログ [PR]