忍者ブログ
乙女ゲーム(携帯 PC DS PSP)のプレイ日記です。 文末に「瑛君とののの物語」というお話も掲載中。 気が向いた時、思ったことを綴っていこうかな~って思ってます。 だからきっと更新も話題もバラバラになると思います。 こんなブログですが温かく見守って下さい! *ネタばれ、セルフありです!
[150] [149] [148] [147] [146] [145] [144] [143] [142] [140] [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 さてさて、幼馴染の海司君はどう乗り切ったんでしょうね・・・。
総理の父である知人の息子さんとのお見合い話が持ち上がり
父親の立場上、渋々承諾するまでの話は共通です。
最初の選択肢で「海司に相談する」を選びます。
 
海司君、気が進まないけど総理の顔をたててお見合いは承諾。
そして家に帰ります。
海司の家には、3つ子の姉がいて、
「どうして見合いするの?」だの、「別れてしまうのか?」とか
「海司を捨てないで」などと煩い煩い。
でも、無理無理だとわかるとホッとして
「海司のことよろしくね!}と騒ぎが収まる。
 
自分の部屋に入るとベットにふて寝して拗ねてしまう海司。
「くそっ、何だよ見合いって・・・」って。
それをみて主人公、頭なでなでしてなだめます。
「お前ムカつく。いつも俺をヤキモキさせるから。」とまた拗ねる。
「それでもそんな海司も大好き」というと
「俺はお前のことずっと前からすきなんだよ!」と抱きしめてキス。
(こういうとこ、海司君、凄く可愛くて、好きだな~)
 
さてお見合い当日、主人公は着物を着て高級料亭に行く。
そこには先方のお見合い相手が既に座っていた。
ちょっと言動が常識外れな感じの人で
SPとしてついてきた海司、小声で「こいつバカだ」と言いたい放題。
お見合い相手がお酒を飲んで、潰れてしまった隙に別の部屋に主人公を連れて逃げてしまう。
 
「他にして欲しいことは?」の質問に
「キスして」と答える主人公。
「お前から言うなんて珍しいなぁ。どーした?」
「だって、海司のこと好きなんだもん」
この後、しばらく甘い時間です。
 
そこへ、お見合い相手がやってきて、主人公の手を取ろうとすると
「てめぇーこいつに触るな!」と海司君相手を投げ飛ばしてしまいます。
そしてそのまま眠ってしまった相手は放っておいて、元居た部屋に戻る。
 
そして、この二人、普段は、幼馴染で気心が知れているので
テンポの良い会話をしてじゃれあっているのだけど、ここでは甘かったです。
海司君、後ろから主人公を抱きしめると
「お前、誰のものにもなるなよ」
濃厚キスをしている間に、我慢しきれず思わず主人公の帯に手をかけます。
「着物苦しいだろうから脱がしてやろうか?」
主人公が「着物、脱がされたらわたし一人で着れないよ」と言うと
「大丈夫。姉貴たちの着付けをずっと手伝ってきたから着せてあげられる」と。
そして帯を解いた瞬間、襖が開いて、昴と桂木が入ってきます。
 
昴が駄々鳴らぬ光景をみて、主人公と海司をからかうけど、
海司、動じもしないで昴さんとやりあいます。
昴はどうしても主人公が俺じゃなく海司を選んだことが納得できない模様。
でも主人公も「海司が好きだから」といいます。
そして、桂木さんが邪魔だからと昴を連れて退散します。
帰り際、海司が昇進したことを告げて。
 
海司君、総理の娘に少しでもみあうように努力をしてたんです。
そして、二人は、家に帰ることに。
靴是れして歩けない主人公の足を手当しておんぶをして帰る。
「どうしてそんなに優しいの?」
「惚れてるからだろ。俺、お前のこと大事にしたい」と海司。
何か、やっぱ幼馴染って設定いいよな~
 
 
 
 
 
*:..。o○☆゚*:..。o○☆゚  皆さんに一言  *:..。o○☆゚ *:..。o○☆゚ 
 
この場をかりてお礼を言いたいと思います!
先週、仕事が忙しかったのと、週末は運動会で役員をやっていたため準備等で忙しく
ブログを書いたり、ゲームをしたりする時間がなくて
ブログ更新が思うようにできませんでした。
 
すると、数名の読者様から、励ましのメールが届き、本当に嬉しくおもいました。
こんな拙いブログを楽しみにしてくださっていることがわかると
本当に嬉しく思い、また頑張ろうって思えます。
仕事の方が、以前より忙しくなり、これまでのペースでのブログ更新は難しいかと思いますが、
自分の出来る範囲で更新していきたいと思っています。
こんな、わがままなブログですが、もし、これからも
気長にお付き合いいただけるのなら、また遊びに来て下さい。
お待ちしたま~す!!
本当に、暖かい励ましのお言葉、ありがとうございました!!
 
 
 
 
 
 
=====================================
【瑛君とののの物語】
 
《108回目》
 
ふと、空を見あげると、満点の秋の星空がキラキラ輝いていた。
(今日は、天気が良かったから、お星様も奇麗だんだな・・・)
涙が止まったころ、疲れも出てきたのか急に睡魔が襲ってきた。
(あっ、ダメ。もう眠いや・・・。でも、こんな時は寝ちゃいけなかったよね。
でも・・・もう瞼が開かない・・・)
ののの意識が薄れてきて、気を失いかけようとした時、聞き覚えのある声が
遠のく意識のなかで聞こえてきた。
 
「おーい!のの!どこだー!いるのか~!」
(あっ、あれ、佐伯君の声?)
ののはふっと我に返って、耳を澄ましてみた。
「おーい!のの!!」
「佐伯君!私ここ!!」
ありったけの大きな声を出して、ののがこたえた。
「私、ここだよ!」
「のの?」
 
佐伯がののの声を聞きつけて、崖に方にやってきた。
崖を覗き込み、懐中電灯を照らしてみると、崖から一段下がったところの
茂みにののがうずくまっていた。
「おい、のの!いるのか?」
 
ののが、光が見える方に顔を向けて、答えた。
「うん、ここにいるよ、でも、足が動かない・・・。」
「よし、そのまま待ってろよ。今、俺が行くからな」
そう言うと佐伯は、崖をゆっくりと降りていった。
 
そしてののの傍に近づくと
「ばか!お前、なにやってんだ!死にたいのか!!」
「ごめん・・・。ごめんなさ・・い。」
怒鳴られたののはほっとしたのもあって、思わず涙を流してしまった。
すると佐伯はのの肩に手を置き、優しく包み込むように抱きしめた。
 
「俺、生きた心地しなかったよ。お前にもしも何かあったらどうしようって」
「佐伯君・・・。」
「だから、頼むからこんな無謀なことはしないでくれ。」
「うん・・・ごめんね」
「俺さ、お前いないとたぶんダメだから・・・」
「うん」
 
ののは、佐伯の温かい腕の中で、暫く泣き続けていた。
佐伯は、そんなんののを優しく見守るように抱きしめ続けていた。
 
 
 
 
              続く・・・
====================================

拍手

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
にほんブログ村
ランキング参加中! 応援ポチよろしくお願いします!!
ゲーム専用ランキング♪
乙女ゲーム繁栄のために、応援お願いします!!がんばりま~す!!
忍者アド
皆さんのポチがゲームの糧になります!ご協力お願いします。
おきてがみ♪
メールするほどでもないけど、ちょっと一言!って思われた方、ポチと押すだけですよ。ついでに、「ことづて」に一言頂ければ嬉しいです!!
おきてがみ
♪ Twitter ♪
時々、呟いてますwww
teruteru719をフォローしましょう
Starry☆Sky in Summer Portable
私は宮地龍之介君がNO.1です!大好き!!
Starry☆Sky
お勧めの乙女ゲーム!Starry☆Sky 4月は不知火一樹君の誕生月です!!
【Starry☆Sky 応援中!】
ツンデレ★S乙女
美蕾の最新作品!タイトルとは裏腹な展開ですよ♪
セルフィータウン
時計
meromero park
メロメロパークに住んでいるてるりん♪です!
プロフィール
HN:
てるてる
性別:
女性
職業:
会社員(一応・・・)
趣味:
ゲーム(主に乙女!)・散歩・ぼーっとすること!(これ趣味?!)
自己紹介:
自己紹介ってこれといって何もないんですよね・・・。
会社員・主婦・母親の3足のワラジ履いてますが、どれも中途半端だし・・・。
密に乙女ゲーム大好きで結構、のめり込んでしまう方です!だから、余韻でしばらく次に行けない時がしばしば。でもやる時はやるけどやらない時は全くやらないかな・・・。昔のを突然やり出したりってこともしばしばです。
こんな私ですがよろしく!です。
乙女ゲーム二次創作サイト
★私の大好きな作家さんのサイトです!
 とっても素敵な作品がありますよ♪

SNOW FLAKE


★乙女ゲーム仲間さんのサイトです。
 本格的な小説が多数掲載されてます♪

きゃらめるかんぱにー

★ゲーム系・他ジャンルの二次創作テキストサイト
きざはしさん創作の「瑛君とのの」のお話も掲載されてます♪

きざはし
ガーネット・クレイドル
「SPICA」公式サイト

「Garnet Cradle sugary sparkle」公式サイトへ
すみれの蕾
すみれの蕾 すみれの蕾 すみれの蕾
誰にでも裏がある
amedeo 『誰にでも裏がある』応援中!
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新TB
籠の中のアリシス
「籠の中のアリシス」応援中!
Noise ―voice of snow―
Operetta Noise -Voice of snow-

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    material by ポカポカ色

忍者ブログ [PR]