忍者ブログ
乙女ゲーム(携帯 PC DS PSP)のプレイ日記です。 文末に「瑛君とののの物語」というお話も掲載中。 気が向いた時、思ったことを綴っていこうかな~って思ってます。 だからきっと更新も話題もバラバラになると思います。 こんなブログですが温かく見守って下さい! *ネタばれ、セルフありです!
[256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 このゲームどの王子を選ぶかの選択肢が出てくるまでは
共通ルートで同じになります。
 
恋人達にとって、とても楽しみなクリスマスパーティーが近いと言うのに
浮かない顔をしている美紅。
父親である理事長が心配して、悩みを聞き出そうとするけど
美紅は自分の悩みを打ち明けることが出来ない。
 
それほどまでに、美紅を悩ました相手の王子を懲らしめようと
理事長と現在「夢の世界」の女王陛下の椿が王子に試練を与えます。
王子と美紅の愛が本物かどうかを試す試練。
 
そして王子を選択すると、世界が変わって
美紅が小さくなって入っているガラス球を、
選択した王子が手のひらに持っている場面から、専用ルートスタートです。
 
そんな状況になって戸惑っているふたりのところに、説明役
(それぞれ王子によってかわります)がやってきて、
王子が犯した罪と、これからどうしたら良いかの説明をします。
どうするかは、これまた全員一緒なので、
詳しくはトーヤ王子の記事を見てくださいね。
簡単に言うと、
『光を失ったクリスマスツリーを再び輝かすために
二人で協力してここに住む4人の王子からオーナメントをもらってくること。』
 
さて、サーリア王子が犯した罪は・・・
『クリスマスパーティに断固として行かない』
 
美紅が何とか一緒に行ってもらおうと
何度か、誘いをかけるのだけど、どうしても「駄目だ!」って言うんです。
挙句の果てに
「あんなくだらないもの、俺は絶対に行かないし、お前も行くことならぬ!」と
美紅にまで「行くな」って言うんです。
 
美紅はこのパーティ、凄く楽しみにしてたから、
サーリアの頑な態度に酷く傷ついてしまいます。
 
美紅とサーリアは喧嘩しながら仲がよいって感じで
サーリア凄く俺様態度なんだけど美紅は言い返したりするのね。
でも、このパーティの件はちょっと美紅が可愛そうになるほど酷い態度だったな。
 
さて、サーリア王子も「夢」の世界はお手の物なので
ひとりでさっさとオーナメント集めに行ってしまうのね。
でも、美紅はやっぱり心配だし、一緒にいたいって思います。
でも、追いかけていったら、きっとサーリアにどやされるから躊躇してる。
 
そんな美紅にファラーシャ(夢の中の世界の道案内をしている)は
「行かなきゃいけないでしょ!」とはっぱをかけます。
そして、サーリアを追いかけるのだけど・・・。
案の定、怒られて、口げんかになってしまって、ギクシャク。
 
でも、リヒト王子にだまされて、眠らされて襲われそうになった時
サーリアが現れて
「いくらお兄様でも譲れないものがあります。
こいつは渡せない、こいつに触れるのは俺だけなんです。」
と剣を突きつけるところなんて、もう惚れ惚れです。
 
後半、時間切れが迫ってきて、美紅の痣が背中まで広がったとき
「服を脱げ!」って言って、美紅に背中の痣の状態を確認している時
ホントに心配そうで、美紅を後ろから抱きしめたシーンが
もう、すごく感動してしまって・・・・。
だって、サーリア優しいんだもん。
抱きしめて耳元で謝るんだもん。
もうキュンキュンでした!
 
何とか、オーナメントを集めて大きなクリスマスツリーに飾っているとき
何か言い出したいけど言い出せないサーリアがとっても可愛くて。
あんな俺様なのに、こんなに照れてしまって・・・・。
もう、飾りつけも終わりと言う頃、やっと
「お、おい・・・」って美紅に話しかけてきて、クリスマスパーティに
行かないと言った理由をぽつぽつと話し出します。
 
さて、何だと思います?
「俺はお前が何よりも大事なんだ。だから他の男にお前を見せたくない。
お前も俺以外の誰かを見て欲しくない。」
 
 
・・・サーリアったら、見事な俺様ツンデレ!!wwww
もう、サーリア、可愛いの!
この話をしてるときも、凄く照れてて・・・。
しかし、普段は、ホント俺様態度だから
こんなに美紅にデレデレだったとは思わなかった。
 
その話をし終わった時、見事にクリスマスツリーが輝きだします。
そして、理事長、椿ちゃん、楓ちゃんが
試練をクリアーしたからと、ご褒美をくれます。
 
学園のクリスマスパーティ当日へワープ。
でもやっぱりサーリアは、ど-しても美紅を人目にさらしたくなくて
「ちょっと取ってきたいものがあるからお前は植物園で待ってろ」と。
 
そして、美紅が植物園で待っているとサーリアが現れて
大きな箱を「クリスマスプレゼントだ。着てくれ」と言います。
開けてみると、ドレスと靴や鞄の小物が一式入っていた。
「ここで着替えてもいいから」と言われ
慌てて、「寮に戻って着替えてくる」と言います。
今度はサーリアを残して、寮に戻る美紅。
 
着替えを終えて美紅が植物園に行くと
サーリアがワインを飲みながら待っていた。
理事長が来てワインを置いて言ったと。
そして、美紅の手を掴んで引き寄せて、自分にひざの上に乗せて
愛情たっぷりの言葉をたくさん投げかげてくれます。
 
 
それでは、ここから、サーリアの美紅に対する愛情の程をご堪能下さい!!
       ↓    ↓
 
「よく似合ってる。惚れ直したぞ」
 
「お前を他の男に見せたくない。お前は自分の存在価値に気付いていないのだろう。
お前という存在がどれ程男をひきつけるか。」
 
「今になってわかる。俺は確かにあのイブリースの血を引いているのだと。
お前という存在を得た今、母の為に狂ったあの男の、父の気持ちがわかる・・・。」
 
「もし、お前が消えたら、俺は何処までも捜し求めるだろう」
 
「お前の望みであればどんなことでも叶えたいと思うだろう」
 
「お前を失わずに済むのなら喜んで狂おう」
 
「そして出来るのなら、誰の眼にも触れぬように閉じ込めておきたい」
お前が何処にも逃げぬよう。他の誰もがお前にふれることが出来ぬように。
覚えておけ。お前にはそれだけの価値があるのだ」
 
「だから、皆が集まるという場所にお前を行かせたくなかったのだ。
他の男がお前を見詰めることも俺は許せない」
 
「大事なのだ、お前が」
 
「つまらぬ嫉妬だと笑ってくれてもいい。お前に言いだせなかったことも謝ろう。」
 
「お前が余りにも無防備なので少し懲らしめたかった。」
 
「まぁいい。お前を他の男に見せずに済んだ」
 
 
そして甘――い口づけ♥
 
 
美紅が
「ごめんなさい。こんな素敵なものを貰ったのに、私、何も用意してない」と言うと・・・
 
「なるほど。だが心配することはない。すぐに用意出来るプレゼントがある」
 
「俺が一番欲しいものだ」
 
「目の前にある美味しそうなご馳走をいただこう」
 
 
そして、深―――い口づけ♥
 
 
ううう・・・この後ってきっと・・・そーですよね。
とうとう美紅も・・・。
 
どーーーですか!
あの俺様ふてぶてしいサーリアがここまで美紅に狂っていたとは・・・
「お前を失わずに済むのなら喜んで狂おう」だもんね・・・。
もう、サーリアの愛で溺れそう・・・。
 
サーリアと美紅、これからも喧嘩しながら二人仲良く生きていくんだと思います。
 
 
 
 
 
 
 
====================================
【瑛君とののの物語】
 
 
《194回目》
 
「ちょっとのの、チョコを湯煎してかき混ぜるときは、
右、左って時々回転方向をかえないとあかんよ。」
 
「え?そうなの?」
 
ののは右周りにかき混ぜていたものを急に左周りに変えたので
ボールからチョコがはみ出しそうになった。
 
「ほら、のの、注意しやんとこぼれるで!」
 
「あっ!ほんと、危なかった~」
 
「ここでしっかりかき混ぜやな、クリーミーなんは、できへんでな!」
 
「うん、わかった!」
 
幸い、プロのパテシエさんたちも、同じ厨房にいたので
困ったときは助けてもらいながら、ふたりは順調にチョコを仕上げていった。
時計は既に、8時を指していた。
3時間近くたっていた。
そして途中、トラブルに遭遇しながらも、何とか、それぞれのチョコを完成させた。
 
「やったー!!できたでー!!」
 
はるひは、中に生チョコが入ったトリュフを作っていた。
ビターチョコと、ホワイトチョコでコントラストをつけていた。
さすが、将来はパテシエを目指していることはある。
 
「わーはるひ、すごいね。こんな素敵なチョコ、お店にも売ってないよ。
きっとハリーも喜ぶだろうね!」
 
「やろ~今回は力作やで!で、あんたどーなん?」
 
「うん、あとは、このまわりに、星型のチョコレートを散りばめるだけ・・・」
 
はるひはのののチョコを覗き込んで
「わーーかわいいやん!これええやん。初めてでここまで出来たら上等やん!」
 
「そ、そーかな?何だか、恥かしいよ」
 
「あんたは、この貝の中にメッセージ入れるんやろ」
 
「うん、そのつもり・・・」
 
「何、書くん?」
 
「えーそれは内緒だよ!」
 
「もう、けちやな~ののは!」
 
「だって、恥ずかしいから・・・」
 
「まぁええわ!おもいっきり甘~いメッセージ送ってやり・・・。」
 
「そうだね・・・フフフ」
 
ののは、最後の仕上げの作業にとりかかった。
そして・・・ののが、チョコペンシルで最後の飾りを書き終えた。
「できた!!はるひ、できたよ!」
 
「おーどれどれ」
 
出来上がったののののチョコをみて、はるひはにっこり笑った。
「上出来やん!」
 
「そーだよね。初心者にしてはいけるよね!」
 
「いけるいける!」
 
二人は、チョコを作り終えると、借りていた場所の片付けを始めた。
すでに9時を回っていた。
急いで片付けをして、二人は店をでた。
あたりは、当然暗くなって、吐く息が白くなっていた。
 
 
 
 
 
                    続く・・・
=====================================

拍手

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
にほんブログ村
ランキング参加中! 応援ポチよろしくお願いします!!
ゲーム専用ランキング♪
乙女ゲーム繁栄のために、応援お願いします!!がんばりま~す!!
忍者アド
皆さんのポチがゲームの糧になります!ご協力お願いします。
おきてがみ♪
メールするほどでもないけど、ちょっと一言!って思われた方、ポチと押すだけですよ。ついでに、「ことづて」に一言頂ければ嬉しいです!!
おきてがみ
♪ Twitter ♪
時々、呟いてますwww
teruteru719をフォローしましょう
Starry☆Sky in Summer Portable
私は宮地龍之介君がNO.1です!大好き!!
Starry☆Sky
お勧めの乙女ゲーム!Starry☆Sky 4月は不知火一樹君の誕生月です!!
【Starry☆Sky 応援中!】
ツンデレ★S乙女
美蕾の最新作品!タイトルとは裏腹な展開ですよ♪
セルフィータウン
時計
meromero park
メロメロパークに住んでいるてるりん♪です!
プロフィール
HN:
てるてる
性別:
女性
職業:
会社員(一応・・・)
趣味:
ゲーム(主に乙女!)・散歩・ぼーっとすること!(これ趣味?!)
自己紹介:
自己紹介ってこれといって何もないんですよね・・・。
会社員・主婦・母親の3足のワラジ履いてますが、どれも中途半端だし・・・。
密に乙女ゲーム大好きで結構、のめり込んでしまう方です!だから、余韻でしばらく次に行けない時がしばしば。でもやる時はやるけどやらない時は全くやらないかな・・・。昔のを突然やり出したりってこともしばしばです。
こんな私ですがよろしく!です。
乙女ゲーム二次創作サイト
★私の大好きな作家さんのサイトです!
 とっても素敵な作品がありますよ♪

SNOW FLAKE


★乙女ゲーム仲間さんのサイトです。
 本格的な小説が多数掲載されてます♪

きゃらめるかんぱにー

★ゲーム系・他ジャンルの二次創作テキストサイト
きざはしさん創作の「瑛君とのの」のお話も掲載されてます♪

きざはし
ガーネット・クレイドル
「SPICA」公式サイト

「Garnet Cradle sugary sparkle」公式サイトへ
すみれの蕾
すみれの蕾 すみれの蕾 すみれの蕾
誰にでも裏がある
amedeo 『誰にでも裏がある』応援中!
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新TB
籠の中のアリシス
「籠の中のアリシス」応援中!
Noise ―voice of snow―
Operetta Noise -Voice of snow-

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    material by ポカポカ色

忍者ブログ [PR]