忍者ブログ
乙女ゲーム(携帯 PC DS PSP)のプレイ日記です。 文末に「瑛君とののの物語」というお話も掲載中。 気が向いた時、思ったことを綴っていこうかな~って思ってます。 だからきっと更新も話題もバラバラになると思います。 こんなブログですが温かく見守って下さい! *ネタばれ、セルフありです!
[172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 23日から、「恋人は同居人」から単発アプリが配信されてました。
今回は皆でヨーロッパ旅行でドイツの古城を訪れた時のお話。
 
今回、久しぶりに携帯アプリで涙を流してしまいました。
大好きな雅弥君をプレイしたんだけど。
 
雅弥君の真骨頂みたいな素敵なストーリーで・・・感動しました!
続き物ではないので、お時間ある方は話だけでも是非読んでみて。
ちょっと、長いですが、雅弥君の良さを伝えるために、詳しく書きました。
 
 
古城の周りの花々を見入ってしまっているうちに
誰もいなくなって主人公、ひとりぼっちになてしまっていた。
不安な気持ちになりながらひとり古城にむかう。
 
古城についても誰もいない。
ひとりで古城の扉をあけると、雅弥君が呼びかけてきた。
でも、雅弥君、何故だか騎士の格好をしている。
それに、今日は主人公の生誕記念祭だからはやくくるように言われる。
 
そして兄弟たちは皆、騎士の格好、主人公は奇麗なドレスを着ている。
主人公はこの国の姫、皆は主人公の乳母の息子という関係になっていた。
 
本当のことを告げよう(この国の姫ではないこと)と話をするが
誰も信じてくれない。(誰に、話すかは選択肢になっている)
 
次の日、主人公の誕生日を祝うパーティに出席し、疲れた主人公は
少し休もうとテラス(又はソファーに座る)にでた。
(選択肢になっているが、テラスでハリス君ソファーで柊さんが登場する。)
 
テラスには、隣国の王子としてハリスがいて、少し話をする。
(柊さんは、ハリス付きの騎士という立場)
 
その日、眠りに付く時、或る人の顔を思い浮かべた。
*この後ここで選んだ人のルートにはいります。
 
 
 
まずは、大好きな、雅弥君から!
 
雅弥君は、あまり身分の差を気にせずに言葉も敬語を使わずに
フランクに接してくれていた。
毎朝、騎士の訓練前に顔を会わせて会話するのが、主人公の唯一の
楽しみになっていたのに、ある日、姫には規律正しく接することが全面的に取り決められる。
 
その日以来、雅弥君は主人公を避けるようになった。
落胆した主人公は寂しさに押し潰されそうになる。
 
ある日、偶然中庭で雅弥君に会い、どうしても聴きたかったことを聞いてみる。
「どうしてそんなに強くないたいの?」
その質問に髪をグシャグシャにしながら「別に・・・」と答える。
 
この仕草は嘘を付いている時に出るってことがわかっている主人公は
本当のことを教えてくれない雅弥君との間に深い溝を感じ失望してしまう。
 
そんな中、主人公は隣国のハリス王子から求婚を受ける。
完全な政略結婚だけど、自暴自棄になってしまっている主人公は
話をOKしてハリス王子の元へ行くことになる。
同じお城で雅弥君に無視され続けるより、ハリス王子のところへ行ったほうが楽だと。
 
出発の日、護衛として馬に一緒に乗ってくれたのは雅弥君。
落ちないように抱きかかえてくれているのだけど、背中に感じる雅弥君の体温が切なく、辛い。
その思いが溢れ、思わず雅弥君の腕をギュッと掴んでしまうけど、雅弥君からは何の反応もない。
 
ハリス王子のお城に到着し、雅弥君に馬から抱き下ろしてもらう時、思わず涙をこぼしてしまう。
それに気付いた雅弥君は、何か言おうとしたが、その言葉を飲み込んで唇をかみしめる。
 
雅弥君のエスコートされ、お城に入り口に辿りついた。
そして「今までどうもありがとう」と雅弥君に告げる。
雅弥君は無言、一礼すると森の入口へ戻っていってしまう。
 
そして主人公を1度だけ振り向いてみると、強く握りしめてた拳を壁に打ち付けた。
壁をみると、砕けた壁のかけらに赤い血が付いていた。
 
それをみて、もしかしたら、
雅弥君も苦しい想いを抱えていたのかもしれない、私と同じように。
主人公は血のついた壁のカケラを懐にしまてお城の中へ入っていった。
その一部始終を柊さんが見ていた。
 
後日、柊さんに会った時「身分の差はどうしたって超えられないから」と諭され
その言葉が胸につきささり、壁のカケラを握りしめて
「私はこれからどうしたらいいの」と絶望のどん底に付き落とされる。
 
ある日、身支度をして部屋をでると、周りの様子がおかしいことに気つく。
すると騎士たちが集まっていて、そのまん中に雅弥君がいた。
 
ハリス王子が「何の用?」と声をかけると
「姫を取り戻しに来た」と雅弥君。
 
ハリス王子は我が城の精鋭騎士を10人倒せたら、姫を連れて行っても良いと約束する。
しかし、ひとりで10人相手なんて自殺行為。
それでも雅弥君は、「それくらいの覚悟はしてきた」と。
そして戦いが始まる。
 
ぼろぼろになりながらひとりで戦う雅弥君。
肩で息をしながら、傷ついていく。
それでも戦いをやめない雅弥君を見ていられなくなった姫は、
雅弥君の前に立ちふさがって「もう・・・やめて・・・」と訴える。
 
「姫、放っておいてくれ!」そういわれるが、
「もう充分だよ、もう解ったから・・・」とつぶやくと、雅弥君の口が姫の口をふさいだ。
突然のキスに驚いていると
「いいから、お前はみておけって」といつもの笑顔をみせてくれた。
そして、戦いが再開。
 
雅弥君があまりに強いので、ハリス王子は報酬を今の倍払うから我が国の騎士にならないかと。
すると「そんなもの俺にはいらない。俺が欲しいのはだたひとつだけだ。」と答える。
 
そして、最後10人目の相手は騎士の中でも最強の柊さん。
柊さんの強さは圧倒的でいよいよとどめをさされようとした時
柊さんの一瞬の迷いをついて、雅弥君が柊さんの喉元に剣を向けた。
 
ハリス王子は柊に問うた。「柊、どうして最後で迷った?」
すると涼しい顔をして「何のことでしょう?」
 
戦いに勝った雅弥君は姫の手を引いてお城を後にした。
外に待たしておいた馬に乗ろうとした時、柊さんがやってきて
「もし、身分を超える愛があるというなら見せて貰おう」と2人に告げた。
「あんたにはひとつ借りができたな」と雅弥くんが言って、馬を走らせた。
 
キズの痛みが酷い雅弥君を休ませようと馬をおりた。
その傷ついた様子に胸が痛み「もう、こんな無茶しないで」と言って流した涙を
雅弥君は乱暴に拭ってくれた。そして
「無茶なんかしてねぇよ。俺はお前を守る為に強くなったんだから」と姫を抱きしめた。
 
大きな胸に抱きしめられて、ふと顔をあげると現実の雅弥君が立っていた。
「ここは?」というと
「ったく、何もないところでこけるなんて、お前ホントにドジだよな。
その衝撃で記憶喪失にでもなった?」と言いながら、肘をさすっている。
どうやら、抱きとめた勢いで壁にすってしまったらしい。
 
主人公は「ごめんね、私のせいで」といいながら、バンソコウを貼ってあげると
「別にこんな傷、俺はお前さえ無事ならどうだっていいんだ。」
そして、頬に手をそえるとにっこり笑って
「俺はお前を守るためにいるんだからさ」と言ったかと思うと
恥ずかしくなったのか、ぷいっと背中を向けてしまった。
 
主人公はたまらず、雅弥君の背中に抱きついた。
「ど、どうしたんだよ、お前!」
「なんでもない、内緒だよ」
そしてこう思った。雅弥君はいつでも、どんな時でも、私を守ってくれる、
世界中でただ一人の私の騎士なのだと・・・。
 
 
 
雅弥君ってまさに無言実行タイプでツンデレさんでその良さが凄く出ていたと思います。
ほんと、散々尽き放して心配っさせといて最後にグイって心を掴んでいくのよね。
いっつもそう・・・そんなところが大好きでもう1年以上たちました。




====================================
【瑛君とののの物語】



すみません、本編が長くなったので明日にします・・・。




=====================================

拍手

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
にほんブログ村
ランキング参加中! 応援ポチよろしくお願いします!!
ゲーム専用ランキング♪
乙女ゲーム繁栄のために、応援お願いします!!がんばりま~す!!
忍者アド
皆さんのポチがゲームの糧になります!ご協力お願いします。
おきてがみ♪
メールするほどでもないけど、ちょっと一言!って思われた方、ポチと押すだけですよ。ついでに、「ことづて」に一言頂ければ嬉しいです!!
おきてがみ
♪ Twitter ♪
時々、呟いてますwww
teruteru719をフォローしましょう
Starry☆Sky in Summer Portable
私は宮地龍之介君がNO.1です!大好き!!
Starry☆Sky
お勧めの乙女ゲーム!Starry☆Sky 4月は不知火一樹君の誕生月です!!
【Starry☆Sky 応援中!】
ツンデレ★S乙女
美蕾の最新作品!タイトルとは裏腹な展開ですよ♪
セルフィータウン
時計
meromero park
メロメロパークに住んでいるてるりん♪です!
プロフィール
HN:
てるてる
性別:
女性
職業:
会社員(一応・・・)
趣味:
ゲーム(主に乙女!)・散歩・ぼーっとすること!(これ趣味?!)
自己紹介:
自己紹介ってこれといって何もないんですよね・・・。
会社員・主婦・母親の3足のワラジ履いてますが、どれも中途半端だし・・・。
密に乙女ゲーム大好きで結構、のめり込んでしまう方です!だから、余韻でしばらく次に行けない時がしばしば。でもやる時はやるけどやらない時は全くやらないかな・・・。昔のを突然やり出したりってこともしばしばです。
こんな私ですがよろしく!です。
乙女ゲーム二次創作サイト
★私の大好きな作家さんのサイトです!
 とっても素敵な作品がありますよ♪

SNOW FLAKE


★乙女ゲーム仲間さんのサイトです。
 本格的な小説が多数掲載されてます♪

きゃらめるかんぱにー

★ゲーム系・他ジャンルの二次創作テキストサイト
きざはしさん創作の「瑛君とのの」のお話も掲載されてます♪

きざはし
ガーネット・クレイドル
「SPICA」公式サイト

「Garnet Cradle sugary sparkle」公式サイトへ
すみれの蕾
すみれの蕾 すみれの蕾 すみれの蕾
誰にでも裏がある
amedeo 『誰にでも裏がある』応援中!
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
星の王女~宇宙意識に目覚めた義経~
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
最新TB
籠の中のアリシス
「籠の中のアリシス」応援中!
Noise ―voice of snow―
Operetta Noise -Voice of snow-

Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    material by ポカポカ色

忍者ブログ [PR]